2009年1月11日日曜日

猫アップ、魚ダウン

ペパーちゃんは昨晩は、普段なら夜は外に徘徊に行くのに、入り口の椅子の上で寝そべっていたので、ちょっと心配でした。でも今朝起きると怪我はもうかさぶたになってだいぶよくなっているようで、今日は消毒もしませんでした。傷口の周りの毛がすっかり落ちていたのに、なんだかもう生えてきたのか、あまり目立ちません。動物の回復力ってすごいものだと、改めて感心。今日は風が強かったので、外で木の葉を追いかけて遊んでいました。

その一方では、熱帯魚が一匹死んでいました。先日ブログに書いたとおり、水槽の中にタニシのようなものが増えてきて、水質が悪くなっているのを知っていたので、私は少しも驚きませんでした。さすがにデイブもまずいと思ったのか、その後で水を替えていましたが、それでもタニシはまだたくさんいるし、どうなるのか知りません。

もともと熱帯魚を飼うというのも私のアイデアではまったくありません。むしろ飼っていた金魚が全滅して、これで金魚の世話をしなくてよくなったと思っていたのに。でも子供たちが楽しそうにしていたし、デイブも興味がありそうなので、父子で楽しめていいかなあと思いながら、私はいっさい感知しないでいました。そうしたら半年もしないあいだにすっかり興味を失って、子供たちには朝夕言わないと餌をやらないし、デイブは見かねて毎週毎週水を替えたほうがいいのではと控えめに言っても、この有様です。タニシも増えるばかりで、どうしたらいいのか調べようともしないし、ほったらかし。もうこうなったら、魚にはかわいそうですが、私は一切手を洗って、何も言いません。そうしたらおそらく一週間くらいで餓死するのではないでしょうか。でも私は、もう魚の責任まで見切れない!

4 件のコメント:

ふ さんのコメント...

Pepperちゃん、よくなってきたんですかね。良かったね!
うちの猫のこと、よく覚えてましたね。びっくり。そう、長寿なんですよね。やっぱり近頃はアパートで飼っている猫って、結構みんな長生きらしいです。もしかしたら、20歳までは軽くいくかもね。
でも、実は数年前に一度脳溢血のようなのになったんですが、なぜか克服。今は、風邪とか湿疹以外は、元気です。
子供が生まれる前から居るので、私にとっては、子供のような存在でもあったけど、本当に居なくなってしまった時に初めて、彼女のことを再認識するかも?って、思います。

Atsuko さんのコメント...

青っぽいグレーのきれいな猫でしたよね。うちのペパーちゃんは農家の小屋生まれ。生まれが違いますね。

フジちゃん、外に出ないのに、どこで風邪を引いてくるのでしょうね。日本でもぺットブームらしくて、ペットの寿命が延びていると聞きました。

うちの猫は、外に行ったら垣根もないし、どこまででも行き放題。朝起きて姿が見えないと、何かあったのかとそのたびに心配しています。でもまあ、好き放題に生きているので、いい猫生を送っているのでしょう。

ふ さんのコメント...

ブログの写真見たら、Pepperちゃんはやっぱりキラキラしてて、美しいと思いましたけど。うちのは、もうお婆さんですから(笑)。
でも、猫って、年取ってもじゃれるし、可愛いですよ。
ある日突然死んでしまったら、やっぱり悲しいだろうなぁ。今のところ、一応元気には見えるけどねぇ。

Atsuko さんのコメント...

動物を飼うと、いつもそれがあるよね。若いからといって、うちは外に行くから、事故もあるし。でも20歳くらいまでフジちゃんも大丈夫よきっと。
動物はそうやって幸せに生きて、逝く時はあっさりと何の心配も痛みもなくこの世を離れられれば、それが最高の猫生というものなのでしょうね。

でもこんな話は、やめましょう。フジもペパーもまだまだ大丈夫ですよ。