2017年5月22日月曜日

クイディッチ

クイディッチって知ってますか?あのハリーポッターの本に出てくるゲームです。ルールはなかなかややこしくて私も把握してないんですが、要するにハンドボールとかホッケーみたいなゲームを、箒にのって空を飛びながらするスポーツです。

本の中では、これはサッカーとかラグビーとか、日本で言えば野球みたいに、学校の名誉をかけてプレーするスポーツとして描かれています。

うちの息子ルイは、今年の秋から大学生なのですが、大学のオープンデーに行ったときに、クイディッチのチームがある大学がいくつかあったので驚きました。

どうやら今では、クイディッチは本当にスポーツとして受け入れられているようです。もちろん箒で空を飛ぶことはないんだけど、本当に箒を足の間に挟んでするんですよ。

あのアメリカのUCLAにもクラブがある用で、こちらのビデオでその様子がちょっとわかります。(3分)

YouTubeには、クイディッチワールドカップ(でもアメリカだけ)のビデオもあったので、かなり真剣にスポーツとして機能しているようです。

そのうちオリンピックゲームになったりしてね。

ところでクイディッチの試合などって、JKローリング(作者)に著作権料払うのかな。あの人一体どのくらいお金あるんだろう。。。

ではこちらもよろしくね。
 
イギリスランキング

2017年5月21日日曜日

オオバコ 漢方薬

オオバコっていう雑草知ってますか?誰でも見たことあると思うんだけど、名前は知らないかもしれません。これがイギリスでも生えてます。菜園にも生えるのでしょっちゅう引き抜いてます。

子供のとき妹の咳が長く続くことがあって、母が近所の漢方薬の店で薬を買ってきたことがありました。大きな袋に入った乾燥した植物で、煮出してお茶のように飲む薬でした。

効いたのかどうかは覚えてないんですが、それがオオバコだったことを覚えています。

その話をチャーリーにしたら、試してみようと言いだしました。それで二人でオオバコを摘みました。厄介な雑草でも、探しているときはなかなかふんだんには見つかりません。もっと採りたかったんだけど、とりあえずこのくらい集めました。

あれが本当にオオバコだったのか、ネットでチェックしたら、こんなサイトに出くわしました。 (このサイト、ちょっとマニアックな感じに充実していて、読み出したら止まりません。)

やっぱり私の記憶は正しかった。薬草の作り方も書いてあります。天日で干して、そのあと陰干し。効能は、下痢止め、咳止め、強壮、止血とのこと。やっぱり咳止めも正しかった。

ま、でも咳も下痢も、その症状がない限りはこの薬草は試す機会はないわけですが、強壮というのは、体を元気にさせることらしいので、試してみようかな。薬草まで自給自足しちゃうというのは、なんかちょっと楽しいです。

ではこちらもよろしく

 
イギリスランキング



日本に行きます!

今年は息子も娘もそれぞれ中学、高校の卒業試験で夏休みが早く始まるので、日本に早く行ってたっぷり時間を過ごそうと数年前から決めていました。それなのに色々事情があり予定を決められず、先週やっと飛行機の切符を手配しました。

ヨーロッパから日本行きは飛行機会社もたくさんあるし、ネット上で取り扱っているエージェントも多く、料金は日によってもぜんぜん違うので、最安を探し始めたらきりがありません。それでここ何年も、Expediaでブリストル発のKLMの大阪行きを買うと決めていました。条件を変えるのは日程をちょっと動かしてみる程度。

それでですね。今回も同じようにしたところ、値段がとんでもなく高いんです。例年の倍くらい。7月の頭はまだホリデーシーズンのピークではないし、いつもより安く買えるだろうと思っていたのに。もしかしたら、買うのが遅くなったからかもしれません。

でも多分一番の理由は、日本から帰ってくるのがちょうどお盆シーズンに当たるから何じゃないかな。

しかたありません。数日かけてネットで格安チケットを買う方法をいろいろためし、結局価格比較サイトから航空券取り扱い会社を探し、そこから買いました。

ちょっと前まではヨーロッパ系の航空会社が幅を利かせていて、その中にエミレーツなどが混じるって感じでしたが、今はすごく様変わりしました。アジアの会社がすごく入っています。

で、結局中国南方航空で、広州白雲空港で乗り換えです。

中国系の飛行機って乗ったことないので、最初はいろいろ心配だったんですが、だんだん楽しみになってきました。KLMもスキポール空港もいいけど、もう何度も乗って乗り飽きたし、必要に迫られてではありますが、新たな冒険です。

飛行機代、この航空会社だけずいぶん安かったんだけど、どうしてかなとちょっと思ったのですが、これは6月から始まる新しい便のようです。(現在の日に1便が2便に増える。)

もしもこの飛行機会社について悪い情報をお持ちでしたら、言わないでくださいね。心配してももうどうしようもないですから。

ちなみに飛行機が高い件ですが、別の友人も同じこと言ってました。イギリス人の知人が、今は日本にホリデーに行くのがブームになってきていると言ってたので、全体的に価格が上がってるのかな。

ではこちらもよろしく
 
イギリスランキング

2017年5月19日金曜日

菜園の写真とか

毎年自分の記録のために、菜園の写真を何度か載せていたんですが、今年はぜんぜんそんな気になりませんでした。今年は色々忙しく、時間的にもエネルギー的にも菜園をする余裕はないなあ。それに枠の木が腐ってきたし、間の通路も雑草が生い茂ってきたし、もうとてもやってられない。子供も大きくなって一人は秋にはいなくなるし、もうそろそろ菜園やめようかな。

そう思っていたんですが、やっぱり春になって天気がよくなってくると、なんとなく菜園もがんばってみようかなって言う気になってきました。今年はチャーリーがいろいろ手伝ってくれたので、人手の問題もちょっと解消したし、なんとかまた菜園らしくなってきました。

でもなかなか通路まで手が廻らないから、やっぱり雑草は多いんですが、リクエストをいただいたので写真を撮ってみました。

ちょっと写真がぼけたので小さくしてみましたが、じゃがいもです。あっという間に結構大きくなりました。3週間もすれば収穫始まるかな。




こちらは手前がグリンピース、奥が絹さやです。こうやって竿を立てて縦にストラクチャー 出来てくると、菜園らしくなりますね。




手前がイチゴ。奥のネットの下は、ビートルートとニンジン。イチゴはこんな感じのパッチが3つあります。手間要らずでおいしいので、来年は増やす予定。



最後のちょっとマシな写真は、手前のピンクの花がChive(にらのようなもの)、その影がRhubarbとGooseberry。その奥の枠の中はジャガイモです。


今日のところはこんな感じ。

今日はトマトの苗を植えたのですが、そのほかこの週末の仕事は、梨の木の枝を切り、じゃがいもに土をかけ、雑草を抜く。こんなところ。

ではこちらもよろしく
 
イギリスランキング




2017年5月14日日曜日

夢の窓

5-6年前に植えたバラがずいぶん育ってきて、チャーリーの窓の前にこんな風に咲いています。先日つぼみの数を数えたら、100個以上ありました。

これって私が子供のときにイメージしていた、夢の窓ではありませんか。窓を開けるとかぐわしいバラの香りが漂ってくる・・・・。

そう。バラって種類によって香りがいいものとほとんど匂いのないものがありますが、これはすごくすばらしい匂いがします。

でも私の子供のときの夢の窓でも、チャーリーにとっては別にたいしたことない普通のきれいな窓際のようです。確かに、常にそこにあれば別に夢に見るなんてことないですからね。

そう思えが、「夢にまで見た・・・」とかって、うつろいやすいものですよね。手に入らないから夢なんですから、手に入ってしまえば、別にどうってことない。

これもある意味で諸行無常 か。

ちなみに私の寝室の窓際はこちら。地味に藤を植えましたが、なかなか豪華には咲いてくれません。

ではこちらもよろしく

イギリスランキング

2017年5月11日木曜日

サムファイア

先日チャーリーと海に行って、サムファイアという食べ物を採ってきました。これは海草と野菜の中間みたいな植物で、めったに店で見ることはない珍しい食べ物です。味は、アスパラガスっぽい食感で、味はわかめってところかな。この近くの海で採れるということを数年前友達に聞いたのです。

ここは海岸というよりは、川の河口という地理です。ちょうど海と川が出合う当たり。こんなに宇宙的な不思議な景色です。
生えているのはこんな感じで、引き潮のときに現れる泥底みたいな場所にあります。大きさは筑紫の半分くらい。これをまさに筑紫のように採ります。
これが家で洗った状態。取れたのは300グラム位かな。
一部をサラダに入れました。
そして残りはポン酢で。






今回サムファイア採りに来たのは二回目なんですが、この季節しか取れず、しかも引き潮の時しかか取れないから、 次はまた数年後になるかもしれません。

ではこちらもよろしく

イギリスランキング

2017年5月9日火曜日

夜中にゴミを出した件

この前の金曜の夜中に寝る前に、翌朝(土曜)早くにゴミの収集が来ることを思い出しました。普段は金曜の早朝なんですが、祭日があったので一日遅れでした。

それでですね。もうパジャマに着替えて寝るところだったのに、ゴミ箱の袋を替えてゴミ箱を消毒し、懐中電灯を手に大きい黒いゴミ袋をさげて夜空の中を外に出ました。幸い月が出ていて、結構明るかったです。

こんな時間に家の外に出るのはほぼ初めて。(少なくともしらふで)

そして気がつきました。どの家にもぜんぜん電気がついていないんです。振り返って我が家を見たら、私が今までいた台所とリビングと、勝手口のある場所の電気がこうこうとついてます。しかもこれは毎晩のことです。私は夜1時くらいが就寝時間なので、これが当たり前なんです。

我が家以外の家は(私の家から見えたのは7件)、どの家にもぜんぜん電灯が着いていませんでした。しかも、どの家も老人の家ばかりってわけじゃないんですよ。その7件のうち、2件にはティーンエージャーの子供が、2件には小学生の子供が住んでいます。

しかも金曜の夜ですよ。

田舎の人って早く寝るとは思ってましたが、本当に実感しました。

午前1時就寝ってそんなに遅いかな~。

ではこちらもよろしく
 
イギリスランキング



2017年5月7日日曜日

ルイのサンドイッチ

イギリスの子供たちは大体中学生くらいになると自分でお弁当を作るようです。(これはお父さんたちも同じ。)

すごいって思うでしょ。でもイギリスのお弁当は、大体サンドイッチが主です。うちの場合は普段はこんな感じ。

サンドイッチ(ハムやチーズ、きゅうり、トマトなど。耳は切りません)
果物(りんご皮付きのままそのままとかバナナとか)
チーズなどお弁当用に売っている一口サイズのもの。
ヨーグルト

私は自分でも甘い日本のお母さんだなあと思うんですが、私が未だに18歳の息子と16歳の娘のお弁当を作ります。

が、この週末は2日とも息子ルイは学校がありました。それで昨日はルイが初めて自分でお弁当を作りました。

メニューはこのとおりです。

ヌテラ・サンドイッチ(ヌテラとはチョコレートスプレッドのこと)
一口チーズ
ポテトチップ
ロッキーロード(自家製By me)

要するにすべておやつのようなお弁当でした。

まあ一日くらいのことなので、別にこんなお弁当でも全然問題ないですけどね。でもルイは9月から大学生で自炊するわけですが、大丈夫かなあ。

ではこちらもよろしく
 
イギリスランキング

2017年5月6日土曜日

食料品を買わない週

皆さんは一週間に何度買い物に行きますか?うちは4人家族(子供二人はティーンエージャー)なんですが、週に2回行きます。昔は週に一回だったけど、子供が10歳を過ぎたらそれでは食料品が足りなくなって、今は2回です。

それでも、最近というかここ数年のことなんですが、家の中に食材が余りすぎてるなってことが多くなりました。捨てることはめったにないので全部食べてることは食べてるんだけど、常に冷凍庫は一杯だし、缶詰だとか瓶詰めだとかいろんな調味料とか、とにかく台所に常に食べ物が溢れてます。

それで今週は食材を買わない週と決めました。

といっても、ミルクだとかパンだとか、新鮮な野菜や果物は買わないわけには行きませんので、やっぱり同じく週に2回買い物には行きましたが、必要最小限をメモして、出来るだけそれだけを買いました。

 やっぱりなんやかんやで、特売やら珍しいものにちょっと誘惑されちゃいましたが、努力はしました。使ったお金は半分くらいでした。

結果は、まず冷凍庫にちょっとスペースができました。フルーツバスケットの中身が減ってきました。冷蔵庫の中も普段よりは空き空きですので、掃除が楽に出来ました。

でも缶詰とか瓶詰めは減った印象はないです。一週間買い物しないくらいでは減らないくらい大量に買い置きがあるんだなあと改めて思いました。

きっと我が家には、その気になれば1ヶ月くらいは食べていけるくらいは食品があるんだと思います。

また月曜から普通に買い物することになるんですが、年に数回はこういうことやらないと、10年前の缶詰が・・・・ってことになりそうです。

ではこちらもよろしく
 
イギリスランキング

2017年5月4日木曜日

プリンス・フィリップの引退

日本でも天皇が退位するだとかで話題になってるようですが、イギリスでは今日、エリザベス女王の旦那さんのプリンス・フィリップが8月以降公務を辞めるということがニュースになっていました。

クィーンの旦那さんなんだけど、キングとは決してならないんですね。正式な称号はエジンバラ公なんですが、一般にはプリンス・フィリップと呼ばれてます。これは 彼は出身がギリシャの王家のプリンスだからだそうです。

驚くのは年齢です。もうすぐ96歳なんですって。でもまだ毎日のように公務をこなしていて、今日もクイーンと一緒のどこかを訪問してましたよ。公務といってもただレセプションに出席してテープカットしたり、ゲストと会話したり、待ち構える一般人に手を振るくらいなんだけど、それでもあちこち距離を移動するわけだし、出席するたびにマスコミが待ち構えているわけだし、やっぱり96歳には激務でしょうね。

なにか、癌だとかアルツハイマーとか大きい病気が見つかって引退を発表したのかと思いましたけど、ぜんぜんそういうわけではなさそうです。今日の様子もニュースで見ましたが、背筋もしゃんとして普通に歩いていて、ゲストたちと談笑しているシーンが写ってました。

ちなみに女王様はこれからも公務は続けるそうです。 彼女も90歳を過ぎてます。

90歳過ぎてもこんなにぴんぴんしてるのは、ロイヤルでも一般人でもやっぱりすごいというか、ちょっと尊敬しますね。クイーンのお母様は10年ほど前に100歳過ぎで亡くなったので、長寿の家系かと思ったけど、夫婦してどちらも長生って言うのは、王家っていうのはいい暮らしなんでしょうか?ストレス多そうだけどね。

ではこちらもよろしく
 
イギリスランキング

2017年5月2日火曜日

旧共産圏

先日18歳の息子と話していて、彼がチェコが元共産圏であったことを知らなかったのに超驚きました。イギリス人の地理ってだいたい無茶無茶な人が多いので、他の人なら驚かないんだけど、自分の息子がまさか知らないとは思ってませんでした。過信していたのかな~。

じゃあ、もと共産圏の東欧の国を挙げてみろというと、ウクライナとポーランドくらいしか言えません。しかも「・・・・・ポーランド??」って感じです。 しかもウクライナは、もとソ連だったことすら知りませんでした。おまけに「・・・・スペイン??」なんて言いました。

息子だけが知らないってことはないので、普通のイギリスの高校生の 東欧とか共産圏だとかの知識ってこんなもののようですよ。(息子はハーフですが、イギリスの普通の高校生です。)

よくネットで、「昭和を知らない世代に出会い、年を感じる。」なんて記事を見ますが、そんなものじゃないです。私は本当に骨の髄から、年を感じたというか、時代は変わったというか、年月はすごく速く流れているというか、まあ驚きました。

彼らの世代には、「ドイツ、フランス、イタリア」も「ポーランド、チェコ、ブルガリア」も同等にヨーロッパらしいです。いやいや、本当に驚きです。それだけヨーロッパの歴史はすごいスピードで動いてるってことなんでしょうね。ベルリンの壁なんて、私の世代にとっての第二次世界大戦のように、遠い昔の歴史上の出来事なんですね。

今の日本の高校生のヨーロッパに関する知識ってどんなものなのかな。東欧だとかソビエトだとか、一体どのくらい知ってるのでしょう?こういった我々の年代にとっては時事問題だったことが、彼らにとっては歴史という事実に、腰が抜けそうなくらい驚愕します。

ま、ちなみに身近な同年代のあるイギリス人に同じ質問をしたところ、「スペインって共産圏だった?」という答えが返ってきたので、これにも別の意味で驚きましたけどね。

ではこちらもよろしく
 
イギリスランキング

2017年5月1日月曜日

人の話を聞く話

昨日ヨガの先生の集まりに行ってきました。一緒にヨガをして、それぞれのレッスンについての困ったことや疑問について話し合い、そのあと一緒にランチを食べるという気軽な集いでした。

気軽で楽しいのはそうなんだけど、やっぱり同業者の集まりですから、ごくごくわずかなライバル意識、縄張り意識というのも感じられないわけではありませんでした。

そのことは行く前からわかっていたので、あらかじめ「なるべく聞き役に徹して話し過ぎないようにしよう。」と決めていました。私は少人数に集まりだと割りと話しすぎる癖があるので、 自己主張、自己アピールが過ぎないように心がけてました。

結果としては、いくつかやっぱり発言してしまいましたが、まあ全体としては節制した方だと思いました。

が、反省点は、あんまり人の話を聞いていなかったんじゃないかなということです。聞く振りはしてましたけどね。

ここ半年くらい、やっぱり人の話を聴くのは大事なことだと心がけていたつもりなんですが、聞いていてもただ耳で聞いているだけで、心で聞いていないことが多いです。

つまり、人が話しているときに、礼儀正しく聞いて、相槌打ったりしているけれど、自分の頭の中では、次に自分の言いたいことの話をまとめていることが多いことに気づきました。人の話を本当に聞いているんじゃなくて、ただ自分の発言の順番を待っているだけ。

まあそれすらもしないこともあるし、しない人も多いので、行儀よく話を聞いているだけでもまだましなんですけどね。

それで思いました。今もう5月なんですが、今年の残りの8ヶ月の抱負は、人の話にちゃんと耳を傾けて、心で聞くことを挙げます。

がんばります。

ではこちらもよろしく

イギリスランキング