2019年10月14日月曜日

環境デモに参加



日本では全然話題になってないらしいですが、先週から世界中でExtinction Rebellionという環境団体のデモが行われています。

発足してから1年ほどなのですが、4月に2週間近くにわたる大きなデモ、というか占拠があり、大勢が逮捕され、スポットライトを浴びました。その後この団体はますます大きくなり、今月は国際デモとなりました。私も4月から参加しています。

逮捕と言うと過激ですが、この団体のポリシーは「非暴力直接行動」。つまりガンジーの様に非暴力に、かつ大胆にデモをするというポリシーです。

今回のデモはすでに1400人くらいが逮捕されています。私の友人も何人も逮捕されました。逮捕の理由は、道路やビルの前の座り込みです。逮捕されると言っても、それも我々の戦略の一つで、そうすることで環境問題の深刻さをアピールするためです。

有名人や神父、牧師、元警察官、元オリンピアン、学者、医者など、普段警察とは関係ない人たちが続々と逮捕されています。この週末はベルギーの皇女が逮捕されました。

逮捕されても警察もどうしていいかわからないという感じで、火曜に逮捕された友達は、なかなか気を使って優遇してもらったと言ってました。24時間以上拘束できないことになってるので、8時間くらいで出てきました。

それでこの週末は私も参加してきました。私は外国人なので逮捕されるとまずいので、警察が多くなったら、ささっとやわに横のほうによけてました。(子供たちからも何度も、逮捕だけはされるなと懇願されました。ははは。。。)

土曜には一般人も含めて(私も一般人ですが)3万人ほどに混じってロンドンをマーブルアーチからキングスクロスまで、相当な距離(7キロくらい)をゆっくりマーチ。このせいでバスやタクシーは相当足止めを食ったと思うのですが、我々のロゴの旗を振って応援してくれる運転手さんもたくさんいました。

日曜はチャリングクロスの駅で、集団メディテーション。が、これは始まったとたんに警察に囲まれて、場所を移動させられました。

書きだすときりがないので、今日はこの辺で。下の写真もみてね。

こちらのクリックもよろしくね




マーブルアーチ、マーチの前。ルイがちょっとだけ参加。

オックスフォードストリートのマーチ。前も後ろも人だらけ。

トラファルガースクエア

プラカードには、「毎年7万3千の種族が絶滅」と書いてあります。


チャリングクロス駅では警察に囲まれました。が、カメラを向けると苦笑いするお巡りさんもいました。




2019年10月6日日曜日

ラグビー

ラグビーワールドカップ盛り上がってますよね。イギリス人はラグビー好きなので、日本よりもずっと前から盛り上がっていて、知り合いでも何か月も(もしかしたら1年以上前から)切符を手に入れて、日本に飛び立った人が数人います。

先日はヨガの生徒さんから、「主人がおめでとうと言ってました。」と言われました。何のことかと思ったら、アイルランドに勝ったことでした。

が、今日ここで書く件は、ワールドカップとは関係ないことです。

娘チャーリーが大学に入学したことは何度か書きましたが、女子ラグビー部に入ったとのことです。

女子ラグビーって日本でもやる人いますか?イギリスでは、最近人気が出てきたスポーツです。女子サッカーより5年以上遅れてるって感じかな。

チャーリーのお父さんは女子サッカーやラグビーに偏見のある人なのですが、それもきっとチャーリーがラグビーを選んだ理由の一つに違いないと思います。ま、二人は仲はいいんですけどね。というか、お父さんがチャーリーの尻に敷かれてます、普段は。

そしてもう一つの理由は、ラグビーを高校でやっていた女子は少ないから、大学で新しいスポーツを始めるには、みんな同じスタートという意味で、いいクラブだと思います。

チャーリーは幼い頃から競泳の選手で、デボン州大会で何度も優勝したことがあるし、地区大会でも決勝で何度も泳ぎました。でも15歳くらいの時に拒食症になり、結局泳げなくなりました。最初は未練もあったし、友達も水泳クラブにたくさんいたので、週に一度でも泳ぎ続けていたのですが、ついには完全に泳がなくなりました。

競泳の選手というのは女子でもがっしりしているものなのですが、一方で、毎日人前で体型をさらすスポーツですから、そう言った意味では、やめてよかったと今では思っています。

それでここ1年くらいは近所のジムに週に5回くらい通って、ウエイトトレーニングして鍛えてました。カロリー消費のために通うのかなと、最初はちょっと心配だったのですが、実はすごい重さのウエイトを上げれるくらいまで、トレーニングしていたらしいです。プロテインも飲んでました。

大学でもジムには通うらしいです。が、ラグビークラブに入って、私はすごくうれしいです。多分女子ラグビークラブって、「女性もたくましく頑張ろう!」というような、健全なたくましい環境じゃないかと期待しています。クラブ内のつながりも楽しいんじゃないかな。そこで今後の人生、ずっとつながっていられる仲間が出来ればいいなあと思います。私も高校の時のクラブの仲間とは今でも集まる仲ですから。

が、どうやら飲み会もすごいようです。(ラグビーに限らないでしょうけど。)来月ツアーに行くとのことで、「でもまだほとんどプレーしたことないでしょ?」と言うと、「ツアーと言っても、ちょっとプレーしてあとは親交会。」と言ってました。親交会って飲み会でしょ。

ではこちらもよろしくお願いします。

2019年10月4日金曜日

Empty Nest

娘チャーリーが大学に入学して家を出てからそろそろ3週間です。入寮する直前に大学から連絡があり、キャンパスから遠い寮に急遽変えられ、本当にちゃんと部屋があるのかも不確かなままロンドンに連れて行きましたが、今やすっかり落ち着いたようです。

場所はロンドンの東のストラットフォードという地区で、ロンドンオリンピックが行われたあたりで、開発ブームで工事中の建物に囲まれています。巨大な学生寮の隣は、イギリス人なら誰でも知っているジョンルイスという大きいデパートです。そしてその隣が、Westlakeという、ヨーロッパで一番大きいショッピングモール。

村に店一軒ない田舎から、こんなリテール天国に行って、大丈夫なのか。。。。

ま、そう言うわけで家は静かになりました。本当にEmpty Nestです。寂しくてさみしくて。

ルイが2年前大学に行った時も寂しいことは寂しかったけど、チャーリーがまだ家にいたし、チャーリーはチャーリーで高校に上がって大学受験が迫ってきて、それどころじゃなかったですね。

チャーリーがいなくなってからというもの、もう何をご飯に作ったらいいのからもわからなくなりましたよ。買い物行っても今までの半分くらいしか買わないし、寂しい寂しいと思いながらショッピングしてます。

というわけで、家事いきなり楽になりました。晩御飯は二日ごとにまとめて作ります。掃除の量も減ったし洗濯も減った。お弁当も作らなくなったどころか、朝起こさなくてもよくなったから、朝もちょっとだけゆっくり起きます。

そうやって徐々に慣れていくんだろうなあ。多分趣味とかプロジェクトとかがどんどん増えて行って、あっという間にまた忙しくなるのでしょう。そういえば、実はもう新しいプロジェクト始めたんですよ。トトロみたいに種から木を育てるプロジェクト。この話はまた別の日に。

そう言うわけで明日は早速友達を5人ランチに招きました。

ではこちらもよろしくお願いします。
https://blog.with2.net/link/?1153380

2019年10月3日木曜日

ロンドンの環境デモ

来週ロンドンで大きい環境団体のデモがあります。デモっていうか、占拠・・・・

別に秘密でもないのでここで書いてもいいと思いますが、ロンドンの国会のあるウエストミンスターのあたりを11か所占拠の予定です。地方ごとに担当があって、我々イングランド南西部はランべス橋の担当です。

10月7日から2週間。だからもしもこの間ロンドンに行かれる方は、いろいろ面白いものが見れると思いますが、バスとタクシーは避けたほうがいいですよ。

これは今年の春に2週間近く同じくロンドンを占拠したエクスティンクション・レべリオンという団体なのですが、今回はロンドンだけでなく、NYとかアムステルダム、ベルリン、シドニーなど、世界中で行われます。

でもロンドンが一番大きいみたい。FBで見ただけでも1万2000人が参加、3万4000にんがMaybeとのこと。FBは多分氷山の一角だから、相当大きいデモになりそうです。

私もこの団体に所属しているので、真ん中の週末にちょこっとだけ行きます。でもほかの人たちは、しっかり会社のお休みを取って、2週間行く人がたくさんいます。ロンドンってホテル代高いけど、橋の上で寝泊まりするつもりのハードコアな人がたくさんで驚き。逮捕される人もたくさん出ると思います。が、そのためにみんなしっかり捕まった時の法律のセミナーに行かされました。

私は外国人なので逮捕されるとやばいので、お巡りさんがいっぱい来たら、脇によける予定です。やわで恥ずかしいくらいです。

今日は持っていくプラカード作りました。



私の出発は来週の土曜日ですが、皆さんはこの日曜に出発。ワクワクドキドキバクンバクンです。

ではこちらもよろしくね


2019年9月30日月曜日

ブリクジットの件、アイリッシュ・バックストップとは?

ブリクジットの交渉で一番のネックになってるのが、アイルランドのバックストップの件です。

アイルランドについてよく知らない人が多いと思うので、ちょっと説明します。

アイルランドはアイルランド島にあります。島のほとんどがアイルランド共和国に属します。普通アイルランドと言えばこの国を指します。がこの島の北の一部が「北アイルランド」で、ここは英国に属するのです。

 Image result for ireland

ですから英国と言えば、詳しく言うとイングランド、スコットランド、ウエールズ、そして北アイルランドで成り立っています。

今まではアイルランド共和国も北アイルランドを含む英国もEUだったから、関税の問題もなかったし、国境の問題もありませんでした。

ご存知かもしれませんが、20年前くらいまで、北アイルランドのテロは大きい問題でした。詳しくは書きませんが、北アイルランド内に、カトリックの親アイルランド派と、プロテスタントの親英国派が存在し、この不自然な領土をめぐってテロが何年も続いたのです。内戦状態が長く続き、多くの人が亡くなりました。それが1998年に「グッドフライデー条約」が結ばれ、やっと平和が訪れたのです。

この脆弱な平和を維持するためには、絶対に北アイルランドとアイルランド共和国の間に国境を設けてはならない。これは誰もが同意することのです。

が、イギリスがEUを抜けると、イギリスの一部である北アイルランドもEUを抜けることになります。すると北アイルランドとアイルランド共和国の境界線は、EU圏と英国の唯一の国境となるのです。

EUとイギリスは別々の経済圏になるのだから、この国境はノーチェックというわけにはいかない。でもチェックを導入する(国境を設ける)ことは、平和維持のためには誰も望んでいない。

どうするの?

というのが、バックドロップの背景なのです。バックドロップというのは、メイ首相が交渉したEUとの離脱条件の一つで、私も何回読んでもよくわからないんですが、「取りあえず将来のめどが立つまで、北アイルランドはEU扱いにしましょう。あ、でもそれでは北アイルランドだけイギリス本島と別扱いになってそれじゃいかんので、イギリス本島もとりあえずEU扱いにしときましょ。」ということらしいです。

???でしょ。

それで、「こんなの、どこが離脱だ~!」という怒りをあちこちから買って、条約は決まらなかったわけです。

もっと驚くことは、3年前にブリクジットの国民投票が行われたときは、この北アイルランドの問題は、誰一人として指摘してる人がいなかったのですよ。つまり、この北アイルランド国境問題のことなど全く頭になく国民投票が行われて、今になって、ところでこれどうする?って感じなのです。あほやね、ほんまに。

ちなみにこの間日本のラグビーチームが下したアイルランドは、全アイルランドチーム、つまりアイルランド共和国と北アイルランドのチームだそうです。ところが、サッカーのワールドカップのチームは北アイルランドとアイルランド共和国に別れているそうです。ややこしいです。

ではこちらもよろしくお願いします。



2019年9月28日土曜日

おひとり様

今年日本に行った時のことです。

平日の昼間は安いので、娘と二人で数回近所のカラオケに行きました。その時に気づいたのですが、一人でカラオケに来てる人、主婦っぽい人から老人から若者まで、結構いるんですね。一人カラオケって言葉を聞いていたので、よくあることだとは思ってましたが。

それで気づいたのですが、そう思って見てみると、ひとりでご飯食べてる人って多いですね。夜は気づかなかったですが、ランチは多かったです。外回りのサラリーマンがランチというわけではなく、主婦っぽい人をよく見ました。

ここまでは別に驚きませんが、ちょっと驚いたのは心斎橋のチェーンのカフェに行った時のこと。友達と二人で行ったのですが、二人で座れるテーブルが少ないんです。3階建てで、1階は全部ひとり用のテーブル、2階、3階も一人用テーブルが多かったです。ということは、こういったカフェ(サンマルクカフェ)って、一人で来る人が大半なんですね。

昔からこうだったかな~。そういえば妹は去年は一人でUSJに行ってワンピースのショーを見たと言っていたし、一人でいろんなことする人が日本には多いんですね。

そういうの、私はいいなあと思います。一人でいろいろ好きなことするのが当たり前の文化なら、別に人目が気になることもないし。息子ルイも、いいなあと言ってました。

イギリスでは、特に観察したわけではないですが、一人で食事する人はあんまり見ないかな。カフェは、私は一人で行くのが全く平気なので行きますが、そう言えばそういう人は少ないかもしれません。パブは、私は滅多に行かないのでよく知らないけど、一人で飲んでる人は少ないかな。家人は近所の行きつけのパブに(毎日のように)一人で行って、知り合いを見つけて一緒に飲んでるようです。が、ホテルに泊まった時など、一人でホテルのバーなどで飲んでるので、飲む人は一人ででも人と一緒でも、飲むのかもしれません。

何をするにしろ、日本のほうが一人で何かする人は多いです。

これってもしかして、日本って一人のほうが落ち着くから?日本って欧米に比べ、いろいろ気を遣う文化じゃないですか。人といると気を遣うから、ランチタイムとか、自分の時間くらい一人で誰にも気がねせずゆっくりしたいわってことなのかな。


確かにカラオケは、一度くらい一人で行ってみたいかな。3時間くらい。

2019年9月24日火曜日

イギリスの政治の天地がひっくり返った日

今日はまたイギリスの政治は、天地がひっくり返るような一日でした。

首相ジョンソンが、10月末のブリクジットの期限に先立って(野党からの詰問を避けるために)国会を5週間閉鎖したことに対し、最高裁判所がこれは違法であるとの判決を下しました。それを受け、先週から閉鎖になった国会は明日からまた開かれ、ジョンソンに辞任を迫る声が高まっています。

今までここに何度か最近のブリクジットの顛末を書いたのですが、長くややこしくなったので、ここでもう一度、無茶苦茶端折って書いてみます。

1. 今年の春、EU離脱の条約を国会で可決することが出来なかったので、メイ首相辞任。

2. 7月に、保守党党員間の投票で、「条約あろうがなかろうがブリクジット」と宣言したジョンソンが首相に。国会は9月まで夏休み。

3. 8月の国会の夏休み期間に、ジョンソンが「9月半ばから、諸事情により国会を5週間閉鎖」と発表。野党国会議員激怒。

4. 9月の第一週に国会召集。ジョンソンの「崖っぷちブリクジット」に反対する21人の保守レベル(Rebel)党議員と野党各党の結束により、大急ぎで「崖っぷちブリクジット禁止法」を立法化。9月16日より国会は閉鎖。

5. この間に、ジョンソンの国会閉鎖の合憲性をめぐっての裁判が最高裁に到達。

6. 今日最高裁で、これは違憲との判決。明日からまた国会召集。

以上です。詳しく知りたい方は、こちらをどうぞ。

イギリスの政治がえらいことになってる話

  イギリスの政治がさらにえらいことになってる件について

  なんとか崖っぷちブリクジット阻止なるか?

 ジョンソン首相がいろいろ追い詰められてる件

 


今日の判決は、今後のイギリスの歴史に何百年も残るような重要な判決だったそうです。(温暖化で文明が崩壊していなければの話ですが)ジョンソンの名前も、世代を超えて語り継がれることになるでしょうね~。

が、今日の判決は、イギリスの三権分立を改めてはっきりさせた重要な判決ではあるものの、ブリクジット自体に関しては、ほとんど影響がありません。

今後の焦点は
1. 10月末日までにブリクジットの条件を合意できるか。(おそらく無理との見方が95%)

2. できなかった場合、ジョンソンは先日立法化した法律に従って、EUにデッドラインの延長を申し込むか。(ジョンソンは、そんなことするなら死ぬほうがましと公言。)

3. 総選挙はいつか。(年内であることは必至)そしてその結果。


この3点の答えが明らかになったところで、まだまだブジクジット自体は進展しない。。。。ってところが驚くというか、ばかばかしいというかです。総選挙で保守党が負ければ、かなり動きは変わるはずなんですけど、驚いたことに(というか信じられないというか、イギリス人はあほかというか)、次の選挙も保守党優勢との声が強いです。

ではこちらのクリックもよろしくお願いします。

2019年9月22日日曜日

グレンフェル・タワー

先週ロンドンにチャーリーを連れて行った時のことです。

車でロンドンに行くときは、いつもロンドンの真ん中を横切って行っていたのですが、今回は西のシェパーズ・ブッシュのあたりから北上する、ユーストン・ロードにつながる 道で行きました。

この部分は高架になっていて、高層住宅(ロンドンには少ない)が数棟そびえたつあたりを抜けていきます。

その時に気づきました。その一つが、あのグレンフェル・タワーでした。

2年前だったかな。覚えていますか?ロンドンの高層住宅の大火事。半日以上燃え続け、ニュースでも生で放送されていました。みんな恐怖心をもって見守るしかありませんでした。

この時代に、どうしてこんな大火事になるの?どうして消火できないの?

結局70人くらい亡くなりました。

今も鉄筋コンクリートの建物自体は残っていて、カバーに覆われて、大きな緑のハートの絵が描かれています。

それで思ったのです。あの火事の時、この高速道路からはこんなに近距離でしっかり見えたんだなって。道路自体は閉鎖になっていたのかもしれません。でもこの周りのビルやらこのあたりで生活する人には、半日もあの建物が焼けるのが見えたのですよ。もちろん煙もすごかっただろうし、火の粉なども飛んできたでしょうね。

あれを目にした人たちには、それはそれはトラウマになっただろうな。

チャーリーの寮は11階なんだけど、非常階段の確認をするように言っておかないと。

ではこちらもよろしくお願いします。

2019年9月20日金曜日

地球温暖化のデモ


今日9月20日は地球温暖化の世界ストライキの日でした。日本ではニュースになってましたか?イギリスではBBCの夜10時のニュース番組の一番のニュースで、しかも30分番組の10分をこれに費やしてました。これはもともとは子供と若者が主体の学校ボイコットのストライキなのですが、この日の世界デモは大人も参加のストライキでした。

私の町ビデフォードでも毎月デモがあるのですが、参加者は数人。隣町バーンスタプルのデモも、春には大きいデモがあったのですが、ここ数か月は参加者が減っていました。

が、 今日はビデフォードでもこんなに人が集まりました。隣町バーンスタプルは300人くらいの人でだったそうです。



私もすごく参加したかったんだけど、金曜はヨガのクラスが2つある日。それで、環境団体Extinction RebellionのTシャツを着てレッスンに行き、2分間温暖化問題について話をしました。今日はたまたまなのか、生徒さんの数が普段の半分以下で、こんなことならヨガをキャンセルしてストライキに参加したらよかったかなと思ったのですが、ヨガを教えるというのも、長期的には環境問題の改善につながると信じて仕事。

ニュースでは世界中のデモの様子が流れていました。オーストラリアやニューヨークはすごい数でしたね。オーストラリアと米国は、環境問題に関しては世界の悪者なので、こういった若者の声が施政者に届けばいいと思いました。

けれども、こうして世界中で若者やそうでない人たちが何百万人もデモをしているのに、一方では、二酸化炭素排出の量は減るどころか増加の一方で、アマゾンやインドネシアの山火事(組織的放火)といった森林破壊も、大きく増えています。

こんなことしても、問題は一向に解決の方向には向かってないんですよ。

そう思うと悲観的になります。

でも一方で、この若者ストライキは、たった1年前の去年8月にスェーデン人のグレタ・タンバーグちゃんが一人で始めたのを機に、こんなに大規模になりました。この勢いが続く限り、何かが起こらないはずはない。そう思いたいです。

で、ニュースではやってませんでしたが、日本ではどうでしたか?なにかストはあったのでしょうか?ニュースではワールドカップのことばかりでしたけどね、日本のことは。

ではこちらもよろしくお願いします。