2017年7月4日火曜日

日本のアマゾン

海外に住む日本人が一時帰国して一番楽しみなことの一つは買い物です。でも滞在の期間が短かったり、欲しいものが手に入りにくいことってありますよね。それで一度、お店で売っていなかったものを妹にアマゾンで買ってもらったことがありました。

それで思いつきました。イギリスから日本のアマゾンで注文できないかなって。

日本のアマゾンのサイトに行って、イギリスの自分のアカウントの詳細を入れてみると、だめでした。そこまで国際化はしてないんですね。それで日本のサイトに新しく登録。イギリスで使っているメールアドレス(つまりイギリスのサイトと同じメルアド)でいけました。

お届け先は実家の住所です。クレジットカードはイギリスのカードを使いました。カードの登録住所がイギリスなので、別に請求先住所を登録。全然問題なくスムーズに行きました。むしろスムーズすぎるというか、カードがポンド建てなのをすぐに察知(?)して、ポンド建てで合計の請求が来ました。これを円建てに戻すことも簡単です。

やりませんでしたが、もしもイギリスの住所に発送して欲しければ、出来るんじゃないでしょうか。やってみたことのある人はコメントしてください。

でも日本のキンドルのものをこちらのキンドルで読むことは出来ないそうです。システムの問題ではなく、著作権の問題だとか聞いたことありますが、本当かどうかは不明。これはなんか納得行かないですね。日本の本をキンドルで読めればどんなにいいか。(あ、私、キンドル持っていないんだった。)

アマゾンのサイト自体は、まったくイギリスのサイトと同じでした。それが翻訳されてるだけ。でも支払いのシステムとか、プライムのシステムとか、やっぱり 細かいところで違います。

商品の方だけど、調子に乗って8冊も本を頼んでしまいました。私が日本に到着する前に着きそうなんだけど、日本にいる間に読めるし、買いに行かなくてもいいから時間も節約できるし、癖になりそう。

話は戻ってアマゾンの方ですが、各国のサイトがつながってログインできればもっといいかな。キンドルももちろん統合化されて、買い物が世界中どこからでも出来るようになればいいけど、そうなると貿易とか関税の壁とかの問題も出てくるし、まだまだそういう時代ではないのでしょうね。

ではこちらもよろしく
 
イギリスランキング

2017年7月3日月曜日

獣医に行きました

2週間近く前になるのですが、このくそ忙しいときに、猫のペッパーちゃんの具合が悪くなり、獣医に連れて行きました。

しばらく顔が腫れているなあと思っていたのですが、普通にご飯を食べているし、行動もまったく普通なので、蜂にでも刺されたのかなあと思っていました。

翌々日、 12時間以上見かけなかったので心配になって探しに行くと、そとの芝刈り機の中に隠れて、惨めににゃあにゃあ鳴いていました。顔を見ると腫れていた部分が破裂して、膿が出ていました。

それで獣医に連れて行って注射を2本打ってもらいました。

その日はそれで元気が出てきたのだけど、その2日後くらいにまた調子が悪くなり、今度は外の生垣の中に隠れて出てきません。それで私が生垣のなかにもぐりこんで無理やり連れ出すと、また傷が悪くなっていました。

傷を洗ってしばらく様子を見ましたが、どうやらやっと回復に向っているようです。今はこんな感じ。傷のところが禿げてます。そして血がついているんだけど、どうやらこれはかさぶたのよう。

日本に行くまでに完治して欲しいものです。

ところでいつも思うんですが、獣医で打ってもらう抗生物質って本当に数時間でよく効きますよね。

人間が病気になって近所の医者に電話したら、最近は医者不足で混んでいるので、なかなかお医者さんとアポがとれません。先生からの折り返しの電話を待って、電話で話して終わりとか、先生が「じゃあ来て下さい。」というまでは、GP(一般医)にすらかかれません。

今回獣医に電話したら、午前中は予約で一杯だったんですが、「かなり元気がない」というと、すぐにつれて来てくださいと言ってくれました。動物ならすぐ医者にかかれるって言うのは、なんか不条理。まあ、獣医はお金がかかるっていうのが一番の理由なんだろうけど。

ではこちらもよろしく
 
イギリスランキング

2017年7月1日土曜日

チャーリーのプロム

今日は娘チャーリーのプロムでした。

息子ルイは2年前にプロムに行きましたが、そのときはいたって簡単でした。スーツの店でプロム用のスーツを、シャツとネクタイと一緒に買っただけ。しかもセット価格でした。

チャーリーの場合は数ヶ月前からドレスを探し、何着も試着して決めた後、お直しにまた1ヶ月くらい。

それと同時にコンタクトレンズを入れるために眼科に通いました。

1ヶ月ほどまえにかばんと靴のショッピング。今週アクセサリーのショッピング

2週間前に髪の毛を切りに行き、その時に当日の髪型の相談。今日髪のセット。

前日ネールサロンでネール

クラッシックカーの手配。(当日の送迎)

値段の方は
ドレス150ポンド
コンタクト 65ポンド
靴とかばん35ポンド、イヤリング3ポンド
美容院50ポンド
ネール 25ポンド
ハイヤー 80ポンド

合計は見るのもいやな408ポンド。

でもまあ女の子にとっては大きいイベントだから、仕方ありません。ルイのときは確かスーツとシャツとネクタイで120ポンドくらいだったかな。

チャーリーは9月が誕生日なんですが、今から本人が、プロムでお金がかかったからプレゼントはいらないと言ってます。

ところでプロムでは、着るものの他に、何で登場するかが注目を浴びます。ルイのときは友達のお母さんがダブルデッカーバスをチャーターしてくれて友達10人くらいがそれで行きました。相当お金がかかったと思うんですが、一人5ポンドずつだけ請求がきました。

チャーリーは友達の家で集まった後、デイブのハイヤーしたくラッシックカーで会場に向いました。

私は先回りして会場の入り口で待っていると、スポーツカーやクラッシックカーのほかに、フォルクスワーゲンのキャンパーバンでの登場も数組みありました。モーターバイクで登場した男子も数名。そのほかでは、大きいトラクターもありました。(大きすぎで入り口で渋滞を引き起こしてました)

去年は、スクーターやら二人乗りの自転車、老人が街で乗るモービリティースクーター で登場した生徒たちもいたそうです。

でも今日一番注目を受けたのは、白馬で来た女の子でした。

ではこちらもよろしく

イギリスランキング



2017年6月30日金曜日

最後のお弁当

うちの娘は中学を、息子は高校を、それぞれこの夏は卒業しました。というか、卒業するって言うことになってるというか、卒業したことになってるというか。。。。

つまり、日本みたいにきちんと卒業式の日があって学校が終わるのではなく、卒業試験が終わると、そのままそれで終わりなんです。しかも皆が同じ教科の試験を受けるわけではないから、終わる日もばらばら。ルイが終えたときは6人が一緒に終えて一緒にランチに行ったりしたのですが、今日が最後の最後の試験の日で、それを受けたのは2人でした。それは寂しかったことでしょう。

一応中学の場合は、その数日後に卒業式らしきものがあり、明日プロムがあります。でも卒業式はもう制服すら着ていかなくてもよかったし、プロムは行きたい人だけが行きます。

高校は卒業式はなし。来週にサマーボールというパーティーがありますが、それも参加自由です。

こんな感じでファイドアウト風に5年間の中学生活、2年間の高校生活を終えることになるとは、実際にそうなるまで知りませんでした。なので振り返って、「ああ、あれがクラスメートが集まる最後の日だったか。」と、本人たちもちょっと驚いてました。

そういうわけで、先週ルイにもたせたお弁当が、お母さんがルイに作る最後のお弁当になりました。

が、作った後で気がついたので、ぜんぜん特別なことをしてません。いつもどおりのごく普通のランチでした。こちらです。

思い返せば4歳で小学校に上がって以来、14年間 作り続けたお弁当。それがまた、ぜんぜん変わり映えしないものを毎日持たせたものです。変わったものといえば、お弁当箱くらい。昔は機関車トマスのランチボックスでした。

もうルイにお弁当を作ることもないのか。お母さんは寂しいよ。。。。というのは嘘で、10分もあれば出来る簡単なランチでも、もう作らなくていいかと思うと嬉しい!

ではこちらもよろしく

イギリスランキング

2017年6月27日火曜日

試験が終わりました

過去48時間ほど、すごいストレスフルな時間を過ごしましたよ。

息子ルイは過去3週間にわたって、Aレベルという高校卒業試験を受けてました。3科目だけなんですが、それぞれ3つの試験、合計9つです。それぞれの試験は2時間。

それだけだとたいしたことない様に聞こえると思いますが、これは大学の入試もかねているんです。試験を受ける何ヶ月も前に大学に願書を出し合否が春までには来るのですが、これがほとんどの場合が条件付なのです。つまり、Aレベルの試験の結果を指定してきます。ルイの場合は、すべ
が A以上のことが条件。(最上はA*)

なので、この試験の結果次第で希望の大学に進学できるかどうかが決まるのです。

それでとにかく体調だけはと気をつけていたのですが、試験の2週間目を終えた頃から咳が出始め、なんとこの日曜には38度以上の熱が・・・・。今週の月曜と火曜の試験で最後なのに、月曜の朝も39度近くの熱がありました。

話をはしょると、結局ルイは、薬を飲めるだけ飲んで試験を受け、そのまま医者に行って診断書をもらいました。診断書は学校が試験当局に送るそうで、「もしかしたら3%くらい点数を上増ししてもらえるかもしれない。」とのことです。

今朝は最後の試験です。ルイは本来なら自信満々の教科なのですが、依然熱と咳が収まりません。それでも、まさに気力と薬の威力頼りで試験に臨みました。

試験の後、メールをするように言ってましたが、ルイからの連絡はなし。心配は心配でしたが、少なくとも「限界だから迎えに来て。」という連絡がないだけましかと、気持ちを落ち着けて1時間ほど待っていました。

するとやっと連絡が。友達とランチに出かけたとのこと。試験のほうは難しかったけど、ちゃんと挑めたと。

そうか。。。。よかったな。。。。。

そのあと私はソファーで2時間くらい、不動で過ごしました。トイレに行きたくてものどが渇いても、もう動きたくない。とにかく疲れた。

本人は夕方、友達を10人近くつれて帰ってきました。そういえば昨夜、試験の後友達数人連れてきてもいいかと聞かれたような。そうかそうか。

庭で小雨の中バーベキューをして、今は家のなかでゲームをしています。みんな魚のようにビールを飲んでます。今は11時半。みんな何時ごろ帰るのかな。それにしても、ルイの体調はどうなんだ?

まあ、何でもいいです。長い長い試験が終わった。8月に結果が出るまでは、もう泣こうがわめこうが何も出来ません。

ではこちらもよろしく

イギリスランキング

2017年6月23日金曜日

ピアノレッスン

子供のときにピアノをちょっと習っていたのですが、引越ししたり先生が嫌いになったりで、ろくに上達しないままにやめました。その後ずっとピアノが弾けたらどんなに楽しいだろうなあとずっと思っていました。

子供が生まれて、ピアノのレッスンに行かせるようになり、ピアノを購入しました。それで自分でちょこちょこ練習するようになり、まずまず簡単な曲なら弾けるようになりました。人様に聞かせるほどではないですけどね。

それでも独学だと、ざっと弾けるようになっても、なかなか細かいところまで上達しないし 、練習も3ヶ月くらい一生懸命弾いて、そのあと6ヶ月くらいピアノに触りもしないという感じです。これじゃいかん。いずれは私もレッスンを受けようかなあとなんとなくずっと思っていました。

うちの子供たちは2週間に一回ピアノのレッスンを受けています。もう10年近くも先生が家に来てくれて、一人30分ずつのレッスンです。

それが先週は、ルイがAレベルの試験の最中で練習する時間がないということで、私が代わってレッスンを受けました。

ピアノのレッスンはなんと8歳の時以来ですよ。

ピアノを弾けるようになりたい、レッスンを受けたいとずっと思ってましたが、実際に機会があると、ちょっと尻込みしてしまいました。ヨガに来る来るといって、来ない人の気持ちがちょっとわかりました。「昔からやりたいと思ってたことでしょ! 」と、自分をリマインドして鼓舞しないと勇気がでませんでした。

レッスンを受けると決めてからは、先生が来る1週間前から、以前から練習して1年くらい弾いてなかった曲を練習しておきました。

レッスン自体はまずまず順調でした。が、このあと続けて練習しないとレッスンを受けた価値がないですからね。がんばります。

来週も先生が来るのですが、今回はルイの順番です。が、9月には大学に行くので、そのあとは本当に私が引き継ぐのか検討中です。レッスンはいいんだけど、練習する時間が取れる自信がないなあ。

ではこちらもよろしく
 
イギリスランキング

2017年6月20日火曜日

試験の季節

イギリスでは5月6月は試験の季節です。うちは息子が高校卒業試験、娘が中学卒業試験で、試験が二つ重なってるんです。

娘の方は5月半ばから試験が始まり、途中1週間の休みを含む6週間23もの試験を受けまして、今日やっと終わりました。

息子の方は3科目、9つの試験。先週から始まり、今日は午前に生物、午後数学で、なんとか峠を越えた感じです。あと3つ残ってます。

息子ルイは、一番最初に受けた生物が難しかったらしく、半日くらいすごく落ち込んでました。逆に化学と数学は一つ目の試験は楽勝だったそうです。

それで、今日は生物の2つ目の試験で恐々としていたのですが、こちらは大丈夫だったそう。ところが、自信満々で受けた数学が難しかったとのことで、また半日くらい落ち込んでました。

その後ネットで非公式の回答とか、他の学生たちのフォーラムを読んで、まずまず落ち着きを取り戻したようです。

息子の場合はこの試験の結果次第で大学に行けるかどうか決まりますから、本当にはらはらです。

娘チャーリーは数学が得意なんですが、今年は難しかったそうです。同じく数学が得意な友達(男)は、試験の後に不安症のパニックになり、医務室に行かなければいけなかったとか。

ルイは今日の数学の試験は13人が受けたらしいのですが、数人が試験の最中と後に泣いていたそうです。

今日の数学の試験で泣いている人がいたという話はネットで他にも見かけました。

そこまで難しい問題を出すなんて、ひどい!

私が受験をしたときは、泣いてる人なんて一度も見たことなかったけど、日本とイギリスの違いなんだろうか?

ルイは、明日あさってがお休みで、金曜に数学の最終試験。満点を取れれば今日の分が挽回できるのですが、ちょっとそれは無理かな。

ラストスパート、がんばってもらいたいものです。

ではこちらもよろしく

イギリスランキング

日曜の夕方、海の近くのバーで一休み。イギリスはヒートウェーブで、今日は30度越えました。暑いけど過ごしやすいです。

2017年6月18日日曜日

夕方の海

最近色々忙しく、ぜんぜんブログを書く時間がありません。しかし忙しいので、それなりにブログにかけるような題材もあるんですよね。この忙しさでは、忘れそうです。書きたい!

今日は忙しい中を、夕方子供たちがビーチに行きたいと行ったので、6時過ぎに行きました。もうすぐ夏至ですから、10時過ぎまで明るいのです。

子供たちとビーチに行ったとはいえ、別に私に楽しいことなどひとつもありません。子供たちはそれぞれウエットスーツを着て、サーフボードをもって海に消えていくんですから。それで私はこんなごつごつした石に1時間くらい座って待ってました。

本を読んだり、景色を見たり。天気のいい美しい夕方にビーチに座ってるんですから、文句を言ったらバチがあたります。

明日も朝の9時からサーフライフセービングでビーチ。

いやいや、文句無いです 。

ではこちらもよろしく

イギリスランキング

2017年6月16日金曜日

イギリスの国会のダイバーシティ

今回の総選挙での明るい話は、かつてない多様なバックグラウンドの国会議員が選出されたことです。

まず性別的には、650議席のうち208人が女性議員です。比率では32パーセントになります。これは多いのか少ないのか言いにくい数字ではありますが、たぶん日本に比べると格段に高いことでしょう。前回(2015年)は191人でしたから、右肩上がりに増えてきているのは、いいことに違いありません。

ちなみに調べると、米国では上院下院とも20パーセントくらいでした。

人種的には52人がエスニック・マイノリティーです。これも前回の41人を大きく上回りました。(割合にすると低い感じがしますが、こんなものなのかな。)イギリスでエスニック・マイノリティーというと、黒人よりはインド人系が多いのですが、初の黒人議員が選出されたのはなんと1987年です。この年は私がイギリスに留学した年なんですが、それまで黒人議員っていなかったんですね。ちょっと驚きです。

ちなみに、ロンドンっ子たちに抜群の人気を誇るロンドンの市長のサジク・カーンは、西洋の主要都市で初のイスラム教徒の市長だそうです。

個人的に興味深かったのは、公立高校に行った議員と私立高校に行った議員の比率です。日本とは制度が違うので説明がややこしいんですが、私の子供たちが行くようなごくごく普通の公立の高校卒の議員は51パーセントでした。私立校は29パーセントです。

一般人口では私立 の生徒は10パーセント以下だと思うので、比率だけで見ると、やっぱりまだ公平ではないと言えるんですが、わたし的には50パーセント以上とは、思いのほか高いなあと思いました。ちなみに英国の医学部の学生は、80パーセントが私立出身と聞いたことがあります。

一番以外で驚いたのは、LGBTの議員が、公表しているだけで45人もいることです。ということは
8パーセントくらいの国会議員がLGBT。これって人口全体に比較するとどうなんでしょう。私が知らないだけで、一般人の間でも10パーセント近くがLGBTなんでしょうか? そうなのかもしれません。

それと、セクシュアリティーが原因で差別を感じて育った人達は政治意識が目覚めやすいのかも?政治家として声を持つ人は、自分のセクシュアリティーを公表する義務を感じるけれど、一般人はまだ周りの目を気にしてカミングアウトしていない人が大半なのかもしれません。

ではこちらもよろしく

イギリスランキング