2017年8月24日木曜日

日本での夏休み 九州編

7月の終わりから1週間九州を周ってきました。新大阪からまず新幹線で鹿児島まで。たった4時間の超快適な旅でした。そしてここから青春18切符を使ってゆっくり大阪に帰ってくるというプランです。

まず鹿児島に2泊。初日は仙巌園という庭にバスで。ここはそんなに期待してなかったのですが、すごくよかったです。そして翌日はお目当ての桜島へ。あいにく曇り空であまり見えなかったのですが、一番近くの5合目当たりに来た頃にちょうどマイルドな噴火があり、こんな感じでうっすら見えました。もっと噴火していたら怖いですから、まあちょうどいい感じです。

日本に住む人達にとっては火山はそれほど珍しくないかもしれませんが、イギリス人の子供たちにとっては、活火山に人々が住んでいるなんて考えられないことです。いい体験でした。

3日目に18切符を使って電車で熊本に移動。日本3大車窓のひとつと言われている吉松-人吉を走る「しんぺい号」に乗りました。ループとかスイッチバックとか、いろいろ珍しいルートです。鉄道オタクさんたちにとっては憧れの電車だそうです。ちなみに私も、前回も18切符の旅をしたし、最近鉄ちゃん気味です。この電車についてはまた後日に。

熊本ではもちろん熊本城。痛々しいほど地震の被害にあっていました。今もあやういバランスで立っているのですが、ちょっとなにかがずれていたら全壊もありえたでしょうね。

 熊本ではホステルに泊まって、これがなかなかよかったです。

翌日また電車で長崎に。ホテルにチェックインの後すぐに原爆記念館に行き、中華街で晩御飯。港ではお祭りで花火大会が行われていましたので、それをたっぶり堪能しました。

思えば朝に熊本のホステルを出てローカル線で長崎に入り、原爆記念館、中華街、長崎港での花火大会と、すごく長い一日でした。

翌日(5日目)は佐世保に行こうと思っていましたが予定を変更して長崎を観光。イギリスから来ていますから洋館を見てもおもしろくないだろうと思ってましたが、古い歴史がつまっていて、十分楽しめました。個人的には、あの歴史の教科書の出島に行ったのが感慨深かったです。そして美術館でやっていたジブリ展を見ました。暑さの中の観光から開放され、オアシスのようでした。

長崎の後は日程の都合で、門司か下関か迷ったのですが、門司港にとまりました。門司レトロということで、旅館に泊まりました。よかったです。門司はレトロもよかったですが、展望台から下関海峡や大橋が見れたのがおもしろかったです。本州と九州との間って本当に短距離なんですね。

そして最終日の7日目は 門司からまず広島のちょっと手前の宮島口へ。ここからフェリーで厳島神社に。

ここは前回旅したときに大雨で行けなかったので、是非行きたくて、ほぼ無理やり行程に入れました。まあしかし、前回は大雨で寒い中フェリーを待ったのですが、今回は打って変わってかんかん照り。本当に暑かった~。

厳島神社は外国人観光客でいっぱいでした。というか、ほぼ皆外国人?って感じでした。しかも欧米人が多かったです。実はイギリスなどで日本の観光の紹介があると、厳島神社は京都の竹林と並んでよく使われている 写真なのです。新幹線の停まる広島から近いし、アクセスも便利ですからね。

実はこの直前にチャーリーが電車で携帯を失くし、ここはかなり呆然と言う感じで観光していたんですが、その携帯の話もまた後日書きます。

そして宮島観光のあと、午後5時くらいの電車で大阪に向いました。が、ローカル線の乗り継ぎでは当日以内に大阪に戻ることは無理。それで行けるところまでということで、岡山までローカル線で行き、そこから新幹線で大阪まで戻りました。

宮島口から岡山まで普通電車と快速だと3時間くらいかかるのに、岡山-新大阪、新幹線だとあっという間でした。お金も18切符2日分以上かかりましたけどね。

しかしよく電車に乗った~。多分全部で20本くらいローカル線に乗りました。それでも佐世保に行かなかったので18切符が1枚ずつ残ったのですが、これが実はチケットショップでもともとのJRからの買値より高く売れました。新幹線代の足しになりました。

しかししばらく電車はいいわ。

ではこちらもよろしくね
 
イギリスランキング






2017年8月22日火曜日

日本での夏休みのこと 関西編

自分の記録のためにも、日本での写真を載せます。今日は関西編。

まずははずせない甲子園観戦。3回行ったのですが、一度目はライトスタンド4列目の、応援団のど真ん中でした。この日は快勝で、すごく盛り上がりました。が、あとの2回はどちらも一点も入らずの負けで、本当におもしろくない試合でした。


 久しぶりに奈良に行きました。大仏を見るのは子供たちはこれで3回目なんですが、前回は7年くらい前だったから、多分覚えてないでしょうね。その頃は寺社参りなんてぜんぜん興味なかったんですが、今回はちょっと興味ありそうでした。

写真は東大寺ではなくお向かいの春日大社。 写真は涼しげですが、本当に暑くてぐったりでした。帰り2キロ弱の道をタクシーに乗っちゃいました。


寺社参りにいけるようになったので京都にもっと行きたかったのですが、結局行ったのは嵐山だけでした。ラッキーにも当日でトロッコ列車に乗れました。ま、他にもすばらしい場所は京都には多いけど、私は嵐山が一番好きです。

このあと大雨にあい、大阪まで、というか家まで2時間ほど濡れたまま帰って来ました。


そしてユニバーサルスタジオに。子供たちと妹は新しいジュラシックパークのジェットコースターを何度も乗ってました。普通の列は長いんですが、シングルライダーで乗るとすぐに乗れるようです。その間私もシングルライダーでジョーズに乗りました。2時間待ちとかなのに、20分くらいで乗れましたよ。

私は絶叫系のライドが嫌いなので、一人でぶらぶらしてる時間が多かったんですが、ユニバーサルの我々の狙いは、ワンピースプレミアショーなので問題なし。こちらは十分楽しみました。

が、やっぱり暑かった。あんなに暑いのに、みんなよく行くなあ。熱中症で倒れる人がいないほうが不思議。

ではこちらもよろしくね
 
イギリスランキング

2017年8月18日金曜日

中国南方航空で日本に行った件 

ここ10年くらいは日本に行くときはいつもKLMのブリストル発で行ってました。もっと安い切符はヒースローから乗ればあるんだけど、家からの距離が倍くらいになるし、面倒なのでこれに決めてました。ところが今年は値段が跳ね上がっていたんです。この便だけでなく、日本行きの欧州の航空会社の切符は例年の倍に近いぐらいでした。それで勇気を出して、初めて中国の航空会社を試してみました。

中国南方航空は広州乗換え。そう決めたらそれはそれで楽しみでした。

乗ってみた感想は、 飛行機自体や機内サービスは悪くはないけどやっぱりまだ国際的レベルには達してないかなと思いました。

まずオンラインチェックインがスムーズに行かないんです。乗る前日の午後からしかチェックインできないのがそもそも不便だし、サイトも使い勝手がすごく悪かったです。かなりストレスでした。ちなみに空港で見てみると、オンラインチェックインしていた人はあんまりいないようでした。

そして一番冷や冷やしたのが、広州での乗り換えでした。行きは1時間20分しかなかったのですが、乗り継ぎするのに、パスポートと搭乗券チェックの列に並ばないといけないんですが、混んでるわけでもないのにこの列がぜんぜん動かないんです。結局無理やり係りの人に言って、先に行かせてもらいました。

空港が無駄に広くて(この話はあとで)、全力疾走で搭乗口にたどり着いたときは、肺が焼けそうでしたよ。

そして関空についみると、預けた荷物がひとつ届いていませんでした。でも失くなったわけではなく次の便で来るとのことで、翌日には家に届いたし、当面の補償金として8000円くれました。(しかも、届いてみるとスーツケースが少し破損していたので、別途5000円支払われました。)

飛行機は、ロンドンからでも中国人のお客さんが大半でした。広州から大阪にいたっては、日本語でのアナウンスすらないくらいみんな中国人でした。機内雑誌も(すごく写真がきれいな雑誌でした)全部中国語。こんなのは初めてです。フライトアテンダントの英語も機内アナウンスメントも聞き取りにくかったです。

帰りは広州の乗換えが7時間だったので空港をじっくり見ました。これはかなりのがっかりでした。広くてきれいではあるんですが、店もレストランやカフェも、国際航空のレベルではぜんぜんなかったです。特に店員やウエイトレスの態度が中国そのもの。日本の丁寧なサービスに慣れていた子供たちは目を白黒させてました。中国の街中のお店やレストランのレベルかな。。。。というよりも、広州ってこんなものなんでしょうか。10年位前上海にいったんですが、上海の街中のお店のレベルは(西洋的目線で言うと)もっと上でした。

ま、我々の飛行機はその後4時間も遅れて、この空港で合計11時間も時間をつぶすことになったので、余計印象悪いんですけどね。

この航空会社で行ったことで3人で1000ポンドくらいお金が浮いたし、結局無事に往復できたからよかったんですが、色々冷や冷やしたりストレス溜まったりしたし、次回は使わないかな。あと数年したらよくなる気もしますけどね。

ではこちらもよろしく

イギリスランキング


2017年8月17日木曜日

Aレベルの発表の日

ご無沙汰してました。日本に5週間弱行ってまして、先日帰ってきてまだ社会復帰できてません。英語すらなんかろくに話せなくなってるし・・・・。

でも早速今日は、息子ルイのAレベルの試験の結果発表日でした。システムの説明は抜きにして、簡単に言えば実質この日は大学の合格発表の日です。

今日の朝8時にEメールで大学の合否の結果が届き、そのあと学校で実際のAレベルの結果をもらいに行きました。おかげさまでロンドンの大学の医学部に合格できました。

本人は結構自信あったらしく「自分は心配していない」と言い張ってましたが、昨晩は家にあるサイババの神棚にお祈りしてました。わははっ。

私もこの部分(Aレベルの試験)は一番心配してない部分だったんですが、それでもここが最後の勝負の決め手ですから、やっぱり昨夜は不安でした。

思えば長い道のりでした。今後医学部を志願する人の参考にあげてみます。

ワークエクスペリエンスを探す。

UKCATという知能テストを受ける。

志願校を決める。

パーソナルステートメントを書いて出願。

面接に呼ばれる。

オファーをもらう。

そしてその最後の段階がこのAレベル。Aレベルに関しては私は一番関知してない部分なんだけど、ここまでの道のりは親や先生等のインプットなしではとても本人だけではたどり着けない課程でした。(医学部・歯学部・獣医学部以外の学科はもっとあっさり決まります。)

ルイの友達も大体が第一志望か第二志望の大学に決まったようですが、一人仲のよかった友達がだめでした。彼女は獣医科志望だったので、第二希望を選んでなかったのです。友達がみんな決まっているのに自分だけ不合格で、学校で泣いていたそうです。

自分の子供が合格したのはすごく嬉しいけれど、友達がだめだったのは本当に残念です。自分達の喜びもなんかかすんでしまいます。

夕方聞いた話では、結局彼女は「動物科学科」に行くことが決まり、卒業後に獣医学部への編入を目指すことにしたそうです。

そう、思った通りのAレベルの結果が出なくても、当日なんとかどこかに行き先が決まるのがイギリスのシステムなんです。

またぼちぼちこのブログ再開しますので、これからもよろしくね。

こちらのクリックもおねがいでござる。
 
イギリスランキング





2017年7月4日火曜日

日本のアマゾン

海外に住む日本人が一時帰国して一番楽しみなことの一つは買い物です。でも滞在の期間が短かったり、欲しいものが手に入りにくいことってありますよね。それで一度、お店で売っていなかったものを妹にアマゾンで買ってもらったことがありました。

それで思いつきました。イギリスから日本のアマゾンで注文できないかなって。

日本のアマゾンのサイトに行って、イギリスの自分のアカウントの詳細を入れてみると、だめでした。そこまで国際化はしてないんですね。それで日本のサイトに新しく登録。イギリスで使っているメールアドレス(つまりイギリスのサイトと同じメルアド)でいけました。

お届け先は実家の住所です。クレジットカードはイギリスのカードを使いました。カードの登録住所がイギリスなので、別に請求先住所を登録。全然問題なくスムーズに行きました。むしろスムーズすぎるというか、カードがポンド建てなのをすぐに察知(?)して、ポンド建てで合計の請求が来ました。これを円建てに戻すことも簡単です。

やりませんでしたが、もしもイギリスの住所に発送して欲しければ、出来るんじゃないでしょうか。やってみたことのある人はコメントしてください。

でも日本のキンドルのものをこちらのキンドルで読むことは出来ないそうです。システムの問題ではなく、著作権の問題だとか聞いたことありますが、本当かどうかは不明。これはなんか納得行かないですね。日本の本をキンドルで読めればどんなにいいか。(あ、私、キンドル持っていないんだった。)

アマゾンのサイト自体は、まったくイギリスのサイトと同じでした。それが翻訳されてるだけ。でも支払いのシステムとか、プライムのシステムとか、やっぱり 細かいところで違います。

商品の方だけど、調子に乗って8冊も本を頼んでしまいました。私が日本に到着する前に着きそうなんだけど、日本にいる間に読めるし、買いに行かなくてもいいから時間も節約できるし、癖になりそう。

話は戻ってアマゾンの方ですが、各国のサイトがつながってログインできればもっといいかな。キンドルももちろん統合化されて、買い物が世界中どこからでも出来るようになればいいけど、そうなると貿易とか関税の壁とかの問題も出てくるし、まだまだそういう時代ではないのでしょうね。

ではこちらもよろしく
 
イギリスランキング

2017年7月3日月曜日

獣医に行きました

2週間近く前になるのですが、このくそ忙しいときに、猫のペッパーちゃんの具合が悪くなり、獣医に連れて行きました。

しばらく顔が腫れているなあと思っていたのですが、普通にご飯を食べているし、行動もまったく普通なので、蜂にでも刺されたのかなあと思っていました。

翌々日、 12時間以上見かけなかったので心配になって探しに行くと、そとの芝刈り機の中に隠れて、惨めににゃあにゃあ鳴いていました。顔を見ると腫れていた部分が破裂して、膿が出ていました。

それで獣医に連れて行って注射を2本打ってもらいました。

その日はそれで元気が出てきたのだけど、その2日後くらいにまた調子が悪くなり、今度は外の生垣の中に隠れて出てきません。それで私が生垣のなかにもぐりこんで無理やり連れ出すと、また傷が悪くなっていました。

傷を洗ってしばらく様子を見ましたが、どうやらやっと回復に向っているようです。今はこんな感じ。傷のところが禿げてます。そして血がついているんだけど、どうやらこれはかさぶたのよう。

日本に行くまでに完治して欲しいものです。

ところでいつも思うんですが、獣医で打ってもらう抗生物質って本当に数時間でよく効きますよね。

人間が病気になって近所の医者に電話したら、最近は医者不足で混んでいるので、なかなかお医者さんとアポがとれません。先生からの折り返しの電話を待って、電話で話して終わりとか、先生が「じゃあ来て下さい。」というまでは、GP(一般医)にすらかかれません。

今回獣医に電話したら、午前中は予約で一杯だったんですが、「かなり元気がない」というと、すぐにつれて来てくださいと言ってくれました。動物ならすぐ医者にかかれるって言うのは、なんか不条理。まあ、獣医はお金がかかるっていうのが一番の理由なんだろうけど。

ではこちらもよろしく
 
イギリスランキング

2017年7月1日土曜日

チャーリーのプロム

今日は娘チャーリーのプロムでした。

息子ルイは2年前にプロムに行きましたが、そのときはいたって簡単でした。スーツの店でプロム用のスーツを、シャツとネクタイと一緒に買っただけ。しかもセット価格でした。

チャーリーの場合は数ヶ月前からドレスを探し、何着も試着して決めた後、お直しにまた1ヶ月くらい。

それと同時にコンタクトレンズを入れるために眼科に通いました。

1ヶ月ほどまえにかばんと靴のショッピング。今週アクセサリーのショッピング

2週間前に髪の毛を切りに行き、その時に当日の髪型の相談。今日髪のセット。

前日ネールサロンでネール

クラッシックカーの手配。(当日の送迎)

値段の方は
ドレス150ポンド
コンタクト 65ポンド
靴とかばん35ポンド、イヤリング3ポンド
美容院50ポンド
ネール 25ポンド
ハイヤー 80ポンド

合計は見るのもいやな408ポンド。

でもまあ女の子にとっては大きいイベントだから、仕方ありません。ルイのときは確かスーツとシャツとネクタイで120ポンドくらいだったかな。

チャーリーは9月が誕生日なんですが、今から本人が、プロムでお金がかかったからプレゼントはいらないと言ってます。

ところでプロムでは、着るものの他に、何で登場するかが注目を浴びます。ルイのときは友達のお母さんがダブルデッカーバスをチャーターしてくれて友達10人くらいがそれで行きました。相当お金がかかったと思うんですが、一人5ポンドずつだけ請求がきました。

チャーリーは友達の家で集まった後、デイブのハイヤーしたくラッシックカーで会場に向いました。

私は先回りして会場の入り口で待っていると、スポーツカーやクラッシックカーのほかに、フォルクスワーゲンのキャンパーバンでの登場も数組みありました。モーターバイクで登場した男子も数名。そのほかでは、大きいトラクターもありました。(大きすぎで入り口で渋滞を引き起こしてました)

去年は、スクーターやら二人乗りの自転車、老人が街で乗るモービリティースクーター で登場した生徒たちもいたそうです。

でも今日一番注目を受けたのは、白馬で来た女の子でした。

ではこちらもよろしく

イギリスランキング



2017年6月30日金曜日

最後のお弁当

うちの娘は中学を、息子は高校を、それぞれこの夏は卒業しました。というか、卒業するって言うことになってるというか、卒業したことになってるというか。。。。

つまり、日本みたいにきちんと卒業式の日があって学校が終わるのではなく、卒業試験が終わると、そのままそれで終わりなんです。しかも皆が同じ教科の試験を受けるわけではないから、終わる日もばらばら。ルイが終えたときは6人が一緒に終えて一緒にランチに行ったりしたのですが、今日が最後の最後の試験の日で、それを受けたのは2人でした。それは寂しかったことでしょう。

一応中学の場合は、その数日後に卒業式らしきものがあり、明日プロムがあります。でも卒業式はもう制服すら着ていかなくてもよかったし、プロムは行きたい人だけが行きます。

高校は卒業式はなし。来週にサマーボールというパーティーがありますが、それも参加自由です。

こんな感じでファイドアウト風に5年間の中学生活、2年間の高校生活を終えることになるとは、実際にそうなるまで知りませんでした。なので振り返って、「ああ、あれがクラスメートが集まる最後の日だったか。」と、本人たちもちょっと驚いてました。

そういうわけで、先週ルイにもたせたお弁当が、お母さんがルイに作る最後のお弁当になりました。

が、作った後で気がついたので、ぜんぜん特別なことをしてません。いつもどおりのごく普通のランチでした。こちらです。

思い返せば4歳で小学校に上がって以来、14年間 作り続けたお弁当。それがまた、ぜんぜん変わり映えしないものを毎日持たせたものです。変わったものといえば、お弁当箱くらい。昔は機関車トマスのランチボックスでした。

もうルイにお弁当を作ることもないのか。お母さんは寂しいよ。。。。というのは嘘で、10分もあれば出来る簡単なランチでも、もう作らなくていいかと思うと嬉しい!

ではこちらもよろしく

イギリスランキング

2017年6月27日火曜日

試験が終わりました

過去48時間ほど、すごいストレスフルな時間を過ごしましたよ。

息子ルイは過去3週間にわたって、Aレベルという高校卒業試験を受けてました。3科目だけなんですが、それぞれ3つの試験、合計9つです。それぞれの試験は2時間。

それだけだとたいしたことない様に聞こえると思いますが、これは大学の入試もかねているんです。試験を受ける何ヶ月も前に大学に願書を出し合否が春までには来るのですが、これがほとんどの場合が条件付なのです。つまり、Aレベルの試験の結果を指定してきます。ルイの場合は、すべ
が A以上のことが条件。(最上はA*)

なので、この試験の結果次第で希望の大学に進学できるかどうかが決まるのです。

それでとにかく体調だけはと気をつけていたのですが、試験の2週間目を終えた頃から咳が出始め、なんとこの日曜には38度以上の熱が・・・・。今週の月曜と火曜の試験で最後なのに、月曜の朝も39度近くの熱がありました。

話をはしょると、結局ルイは、薬を飲めるだけ飲んで試験を受け、そのまま医者に行って診断書をもらいました。診断書は学校が試験当局に送るそうで、「もしかしたら3%くらい点数を上増ししてもらえるかもしれない。」とのことです。

今朝は最後の試験です。ルイは本来なら自信満々の教科なのですが、依然熱と咳が収まりません。それでも、まさに気力と薬の威力頼りで試験に臨みました。

試験の後、メールをするように言ってましたが、ルイからの連絡はなし。心配は心配でしたが、少なくとも「限界だから迎えに来て。」という連絡がないだけましかと、気持ちを落ち着けて1時間ほど待っていました。

するとやっと連絡が。友達とランチに出かけたとのこと。試験のほうは難しかったけど、ちゃんと挑めたと。

そうか。。。。よかったな。。。。。

そのあと私はソファーで2時間くらい、不動で過ごしました。トイレに行きたくてものどが渇いても、もう動きたくない。とにかく疲れた。

本人は夕方、友達を10人近くつれて帰ってきました。そういえば昨夜、試験の後友達数人連れてきてもいいかと聞かれたような。そうかそうか。

庭で小雨の中バーベキューをして、今は家のなかでゲームをしています。みんな魚のようにビールを飲んでます。今は11時半。みんな何時ごろ帰るのかな。それにしても、ルイの体調はどうなんだ?

まあ、何でもいいです。長い長い試験が終わった。8月に結果が出るまでは、もう泣こうがわめこうが何も出来ません。

ではこちらもよろしく

イギリスランキング