2018年4月22日日曜日

お墓とか仏壇がないという件

去年の今頃、私と妹の共通の友人のイギリス人が亡くなりました。私はロンドンまでお葬式に行ったのですが妹はさすがに日本からは来れませんでした。

今年の夏、彼女が私の家に遊びにくることになってるのですが、せっかくなのでロンドン経由で来て、その人のお墓参りをしてくると言いました。

その友人は無神論者で、お墓なんか作るタイプじゃないので、意外に思って「あの人お墓なんてあるんかな~。」と言ったら、妹は、お墓がないなんて考えたことなかったようでした。奥さんにメールで聞いてみたら、やっぱりお墓はなくて、遺骨はテームズ川に流したそうでした。

そう、イギリスでは墓地ってそんなにありません。とても死んだ人がみんなお墓に入れるほどはないし、家族のお墓っていうコンセプトもないし、30年近くイギリスに住んでる私は、お墓はないのが普通だと思ってました。

でも逆に、日本ではお墓があるのが普通なんですね。お墓がない、お墓はいらないって人もいるんでしょうか。

イギリスでは仏壇も神棚もないです。だから人が亡くなったら、そういえば線香をあげる場所もないしお供えを供える場所もお花を飾る場所もありません。だから手を合わせる場所というものがないんです。

普通の人はどうしてるんでしょう。うちのデイブはお母さんが15年以上前に亡くなりましたが、お墓はあるらしいですが、お墓詣りに行ったことないです。家にお父さんが送ってきてくれた額に入った写真が置いてあるだけ。

そういう私も、考えたら母の写真が置いてあるだけです。しかも家のプリンターでプリントした、あんまりきれいじゃない写真。妹の家(母が住んでいた家)には一応遺影が置いてあり、その前にお花を供えて線香をあげられるようになってますが、別にこれも仏壇じゃないし位牌もありません。

死後10年くらいで消えるお墓とか仏壇とか位牌があればちょうどいい感じがするんですけどね。

ではこちらもよろしくお願いします

イギリスランキング

2018年4月21日土曜日

子牛の脱走

昨日の夕方、ヨガに行こうと車で家を出ました。家から100メートルくらいの地点で、なんとなく視線の角に牛が見えました。牛が牧場にいることは全然珍しくないんですが、なんか道にえらく近いなあと思いました。そう思って2秒後くらいに、「あの牛、絶対柵のこちら側にいた!」と感じました。

それで車を3点ターンして引き返すと、やっぱりそうでした。子牛が牧場を脱走して、でも道路の車が怖いのか、柵のある生け垣の道路側にピッタリくっついて立ってました。

誰の牛か。5年前くらいにこの辺に越してきて、この隣の農地を買い、趣味で酪農をしている人がいるのですが、きっとその人。それでその人の家に車で乗り付けて、「道路に牛がいるけどあなたの?」と聞いて、そのまま急いでいたのでまた車に戻りました。

また同じ道に戻ると、さっきの牛が今は道路を歩いてました。

その方向に行くと車を怖がってどんどん大きい道のほうに行ってしまうので、しょうがないので私は引き返して別の道で行きました。

2時間後くらいに帰ってくると、牛は消えてました。無事に牧場に戻ったことでしょう。

こんなことは滅多にあることじゃないんだけど、10年ほど前、朝家を出ようとすると、庭に牛が10頭くらいいたことがありました。これには本当に驚きました。隣の牧場から入ってきたものでした。うちの庭には門がないから、そのまま道路に行ってしまう可能性もあったんだけど、近所の人に応援を頼んで、なんとか一緒に追い返しました。

そして数年前は、隣家のポニーが庭に侵入したこともありました。こちら

私は見なかったのですが、夜中に道路で馬が一頭見つかって、近所で大騒ぎになったこともありました。

そして鶏くらいなら、割としょっちゅうエスケープしてきて、その辺にいます。こんなところとか。  

ではこちらもよろしくお願いします
 
イギリスランキング

Life is Suffering

イギリスにも結構仏教徒っているんですよ。比率的にはアメリカのほうが断然多いんだけど、多分アメリカは中国系とか日系の米国人が仏教徒なんだと思います。イギリスでは、白人でもたまに仏教徒がいます。周りを見てる限りは増えてきているようです。子供たちが行った小学校は、イギリス国教会の小さな田舎の学校だったのですが、5人くらいいる先生のうち、実は二人が仏教徒でした。(しかもその一人は、のちに仏教のメディテーションの先生になりました。)

日本人は一応仏教徒と言われていますが、教義を知ってる人って少ないと思うんですが、イギリスの白人の仏教徒は、なかなか勉強していますよ。私は、日本語の仏教の本は難しいので、英語で読んでいるくらいです。初心者向けに書かれてますからね。

これも英語で書かれた仏教の本の話なんですが、仏陀の重要な教えの第一は、Life is suffering(人生は苦悩)といろんな本に書いてあります。私はここでまず躓きました。

Sufferingっていうのはなあ。そんなこと最初に断言してしまっては元も子もないし、実際、人生が苦悩とは思えないです。

そうしたら、最近読んだ本に、「一般には仏陀はLife is suffering と言ったと言われているが、実はSufferingというよりはuncertainである。」というのを読みました。これには深く納得しました。

Uncertain.不確定。先のことはわからない。一瞬先は闇・・かもしれない。

これは本当にそうだと思うんです。今日は元気でも、明日は心臓発作になるかもしれないし、もしかしたら知らないだけで癌にかかってるかもしれない。ピカピカの車を駐車して、戻ると凹んでるかもしれない。急に仕事を失うかもしれないし、株が暴落するかもしれない。理想の恋人に捨てられるかもしれない。でも一方で、その逆に、宝くじに当たるかもしれないし、運良い出会いがあるかもしれない。

そこで平常心を保つこと。これにはすごく納得が行きました。

(昔の教えがサンスクリットとかヘブライ語とかラテン語とか、そこから何度も翻訳されただろうし、同じ言葉でも時代が変われば意味が変わるし、意味が微妙に変わるってことはよくあることなのでしょう。)

この不確定さ。これが現代人が精神を病む理由の一つに思えます。

昔は何だって不確定だったし、将来のことも明日のこともぜんぜんわからないのが普通だった。でも今は社会がオーガナイズされて、しかもインターネットのおかげでそれがさらに進んだから、日常生活では何もかもが予定通りスムーズに進むことを当然のことと思っている。電車は2分と遅れないし、ネットで何週間も前に予定したことがきちんと行われるし、人でも物でも、来るか来ないかわからず待つってこともなくなった。

だから何となく、人生ってそんな風にスムーズに予定通りいくような気がするけど、実は全然そんなことはなくって、予定や計画が変わる要素は人生にはいっぱいあるんだけど、そのことを忘れて生きてるみたい。

その上、そんな風に何事もきっちりと進むことが前提の社会になったから、社会や生活がきつきつになって、余裕やら空間や無駄がなくなりすぎて、それが息苦しい。

人生は苦悩ではないけど、不確定。その不確定さを不安に感じることなく、淡々と来る日来る日を一日ずつ生きていく。そういうのを目指してます。

ではこちらもよろしくお願いします
 
イギリスランキング

2018年4月17日火曜日

ルイが家にいる件

息子ルイがイースターホリデーで家に帰ってきてから2週間とちょっとが過ぎました。まだ高校生のチャーリーはイースター休みは終わって、24時間ほど「学校いや~」と(日本語で)叫び続けたのち、今日行きました。行ってみたら別に嫌なわけではないみたいなんですけどね。でも気持ちはわかります。朝早く起きるだけで嫌ですよね。

チャーリーが学校の日は私もチャーリーより早く起きるから、私も学校嫌です。

ルイはしばらく大学はお休みらしく、今月末までにロンドンに戻ればいいらしく、もうちょっと家でゆっくりできます。ゆっくりと言っても、ほぼ朝から晩まで自分の部屋で勉強してます。ロンドンに戻るとすぐに学年末試験。

田舎者育ちのルイなんですが、ロンドン生活がよっぽど水にあっているようで、春休みも家に帰ってくるのを渋っていました。何が楽しいかって、やっぱり友達とパブに行ったりナイトクラブに行ったり家で飲んだり、要するに飲むのが楽しいようです。

 それで家でデイブが一緒に飲もうとビールを進めても、付き合いで1缶飲む程度。親父と飲んでもそりゃ面白くもないでしょう。

が、それだけロンドンが楽しくて、いやいや実家に帰ってきても、しばらくいるとその楽さにハマってしまうようで、早々に戻ると言うかと思っていたら、ぎりぎりまで戻らないとのこと。「ロンドンだといつもおなかがすいてるけど、家だといつもお腹一杯。」と言ってました。

洗濯も昔に比べると、全然洗濯に出さないんですよ。ロンドンだと自分でコインランドリーを使わないといけないんだけど、これが値段が高くて、しかも最近は「コイン」なんて使えなくて、ネットで支払ってコード番号を取って、その番号を洗濯機に入れる・・・とか、なんかややこしいようです。 それで、あんまり洗濯しないようです。

なのでその習性がついてしまって、家でも同じTシャツを何日も着てます。さすがにデイブにまで、「そのTシャツは今日で最後にしろ。」と言い渡されてました。

あと10日くらいで戻るのかな。ルイがいるとやっぱり楽しいです。食料品を大量に買って大量に作るのも楽しいし、夜更かし派のルイと二人でいろいろ話すのも楽しいし、家族でゲームしたり映画見るのも楽しい。

が、春休みの後は割とすぐ、3-4週間でまた戻ってきます。すると今度は3か月くらい家にいるみたい。そうなると楽しい楽しいと思うかどうかは疑問ですね。家族ってそんなもの。

ではこちらもよろしくお願いします
 
イギリスランキング

2018年4月15日日曜日

Black Elk Speaks 読書感想

素晴らしい本を読みました。

読んだきっかけは、2か月ほど前ここに書いた、「20世紀に出版されたスピリチュアルな本100冊」のリストからです。残りの人生せいぜい1000冊も読めないんだから、とりあえずこの100冊から読破していこうと思ったのがきっかけでした。

この本はタイトルがBなのでリストの上のほうにあり、しかもデボンの図書館の蔵書リストにあったので、図書館で予約しました。本が来て取りに行くと、30年前くらいの本でした。借りた人は少ないのか、古い けれどなかなかいいコンディションで、いい雰囲気でした。しかも字のフォントが古いタイプライターみたいな字で、それもよかったです。

これはアメリカの詩人がネイティブインディアンのメディシン・マン、ブラック・エルクを インタビューし、本に仕上げたものです。ブラックエルクの語り口が、詩的に美しくまとめられています。

この本は1930年代に出版され、数年で廃版になったのち、1960年代にカール・ユングがドイツで 読んで絶賛し、その後また再出版になり、今でもアマゾンで買えます。日本語の翻訳もアマゾンの古本で買えるようです。

ブラック・エルクは子供のころに 先祖のスピリットから、インディアンたちの運命を救うヴィジョンを受けます。成長し、その能力を生かしメディシンマンとして多くの人たちの命を救いますが、結局は時代に逆らえず、何年にもわたる戦いの末、白人の攻撃についに降参し、インディアンの霊的アイデンティディーを失っていきます。

その悲しい、歴史上の話が、神秘的に詩的に、かつ淡々と語られます。

すごくすごく悲しい本です。

今まで読んだ一番好きな本の一冊に入る本です。

ではこちらもよろしくお願いします。
 
イギリスランキング

映画みる時間もなし

最近は朝から夜まで、仕事だの仕事以外のプライオリティの高いことなどいろいろ忙しく、だらっとする時間がありません。というか、こうやってブログを書く時間はあるけれど、それも心穏やかに時間を気にせずということはなく、いつも時計を片目で見ながらやってます。

本当に貧乏暇なしですよ。

それがここ2週間ルイが帰省しているので、夜に家で家族と映画を見ることが3回も続きました。Truman Show, The Sixth Sense, Shutter Inland.の3作です。

Truman Showは好きな映画の一つです。これを子供たちと見た後、ルイがThought Provoking Film(考えさせられる映画)のリストというものを見つけてきて(Truman Showもリストに入っている)、あとの2つも見ました。

どちらも(とくにThe Sixth Sense)も面白かったけど、「意外な結末」ではあったけど、「考えさせられる」って程でもなかったかな。

しかしですね。外出して映画に行くと、それはそれで外出という覚悟をしていくわけですが、家で見るのは「でもこんなことしてる間に、ほかのことできるなあ。」とか考えてしまいます。特にすごく面白い映画でない限り。

ちょっと前ここに、もう残りの人生(多分まだ30年以上はあるだろうけど)で、せいぜい750から900冊くらいしか本は読めないから、もっと厳選して読みたいという話を書きましたが、映画も同じですね。こちらは本より少なくて、年に10本くらいしかせいぜい見ないから、残りの人生で300本くらいしか見れません。こちらも厳選したいと思います。

年を取って、特に子供が家を出て自分も定年とかしたら、時間がたっぶりで来て映画も読書もいっぱいできて、心をゆったりと本を読んだり映画館を回ったりできるわなんて思ってましたが、年を取るほど「時間がない」とい気持ちが強くなって、映画も途中で見切りつけたり、本も速読とかするようになったりして。

本当貧乏暇なしですよ。

ではこちらもよろしくね。
 
イギリスランキング

2018年4月12日木曜日

犬と猫の飼い主の性格の違い

犬って群れで生きる生き物だから、飼い主を群れのリーダーだとみているらしいです。だから飼い主の言うことはよく聞くし、飼い主に面倒見てもらいたいから、しっかりしつけも受け入れる。

犬の飼い主さんたちは、しつけの行き届いて犬を、とても誇りに思ってるように見えます。近所にもすごくいつもきれいにグルーミングされた犬がいて、飼い主さんは本当に、ドッグショーの飼い主のように背筋を伸ばして、嬉しそうに自慢げに散歩させてます。飼い主も犬も嬉しそうで、見ていても気持ちいいくらい。

でももちろん猫はそんなことはしません。猫って群れを作らないから、社交性がないんでしょうね。うちの近所にも数匹猫がいますが、しょっちゅう喧嘩してます。

そしてもちろん人間をリーダーと見ていることはないわけです。

ここが猫の飼い主の面白いところだと思うんですが、猫のオーナーって、猫がいかに自分に媚びていないか、それどこか、いかに自分をないがしろにしているかを、嬉しがってると思いません?

偉そうにえさをくれるように命令しては、そのまま口をつけず行ってしまうとか、なでろなでろと要求しては、嫌になったらささっと歩き去るとか。旅行から帰って来たら、しばらく冷たいとか。

そんなことを、猫のオーナーって結構自慢げに語ると思いません?

そう思うと、猫好きってちょっとひねくれてるというか、マゾな性格なんでしょうか。

私は断然猫派。うちの猫ペッパーは最近は年のせいか、結構性格が丸くなって、呼んだらよって来たり、庭に出るとついて来たりするんですが、それでも、どうも行動が読めないし、いつか勝手に家出とかするんじゃないかという 不安は拭えないです。

猫派って「捨てられること」にどこか惹かれているのかも?

ではこちらもよろしくね。
 
イギリスランキング


2018年4月11日水曜日

サーフィン

今日はルイをサーフィンに連れて行きました。

まだ4月ですからまだまだ水は冷たいとチャーリーは昨日ルイに 言っていたのです。チャーリーの彼氏はもう今年何度かサーフィンしたらしいんですが、冬用のウエットスーツを着て、サーフィン用の帽子とブーツと手袋をして、それでも水は冷たいと言ってました。

かんがえたら、3週間くらい前まで大雪でしたからね。

ルイは冬用のウエットスーツと冬用ラッシュガードとサーフブーツを着用して、しかもTシャツまで下に着て水に入りましたが、それでも30分もしないうちに上がって来ました。手が無茶苦茶冷たかったそうです。

ここらの海はすごく遠浅なので、かなり遠く、水平線の近くまで泳がないといい波に乗れません。なので、ルイが海に浮かんで波を待っているのはすごくすごく遠くに見えます。

夏ならほかにもたくさん人がいるし(今日はほかに3人サーファーがいました。) ライフガードもいるけど、いまはいません。なのでもしもルイが視界から消えておぼれでもしたら、助けを求める人がいません。そう思うと、ちょっと怖くなりました。水はすごく冷たいし。

でも子供が大人になるとそういう機会が増えますよね。チャーリーも車の運転免許を取ったし、彼氏も運転するから二人であちこち行ってます。これだって考えたら時速100キロ以上で運転してるんですから、怖いと言えばこわい。それを思えば、ルイがロンドンで一人暮らしして、最近は刃物による傷害事件も増えてるし、急性アルコール死とか急性ドラッグ死もあるし、怖いと言えば怖い。

本当、子供が大人になりきるまでは怖いです。でもやらせないわけにはいかないし。

うちの子供たちは、海の近くに住んでいるので、小さい頃から水泳を習わせていたのですが、水泳で全国大会出場はならなかったけど、サーフィンなどするときは、本当に習わせていてよかったと思います。水平線の向こうに消えて見えなくなったら、「うちの子供たちほど泳げる人はそんなにいないんだから大丈夫。」と自分に言い聞かせてます。

あんまり泳げなくてもサーフィンしている人はたくさんいるし、それでも十分なんだろうけど、その人たちのお母さんは心配なんじゃないかな。

ではこちらもよろしくね。

イギリスランキング

2018年4月9日月曜日

イギリスの迷信

クリスマスにチャーリーにあげた裁縫セットにはさみが入ってなかったので、今日スーパーではさみセットを見たので、買ってあげました。が、思い出しました。あげてはいけないのです。これをチャーリーに買い取ってもらわないといけません。

イギリスでは、刃物を人にあげると、その人と縁が切れるという迷信というか、縁起担ぎのようなものがあります。日本に比べると、こういうのは少ないんですけどね。

そういえば昔、スコットランドの盆栽センターに行ったとき、一緒にいった知り合いが盆栽用のはさみを買ってくれたんですが、あげるとよくないと、1ペニー(1.5円)支払わせられました。

だからチャーリーにも1ペニーもらわないといけません。

日本語では縁起が悪いという特別用語がありますが、英語では単にBad Luckといいます。Inauspiciousという言葉もありますが、これは中国の風水以外で聞いたことは一度もない言葉です。(寝室に鏡を置くとInauspiciousとか)。

ほかにイギリスでBad Luckといわれているのは、はしごの下を歩くことと、家の中で傘を広げること。これは誰でも知ってることで、嫌がる人は多いです。

はしごは壁などに立てかけてある下を歩くのがよくないのですが、それは危険でもあるし、その辺の実用的なことから来てるのかもしれません。

家の中で傘を開くのは、これは結構困るんですよ。傘、干したいですからね。でも雨の日だから外では干せないし。私は「迷信迷信!」と全然気にせず干してますが、よく考えると、イギリス人ってあんまり傘ささないし、さしても干すなんて考えもしないと思います。

ではこちらもよろしくね。

イギリスランキング