2016年5月22日日曜日

ルイのバンドのギグ

video

昨日はルイのバンドのギグが隣町であったので、家族で見に行きました。我々の住む町のビデフォードでは今まで何回かやったのですが、隣町(大きい街)でするのは初めてです。ヘビメタバンドなので、普段は見に行かず、車で機材と一緒に連れて行って、終わったら迎えに行きます。でも今回は隣町で新しいべニューだし、特に用事もなかったので、行きました。

もうひとつの理由は、このバンドは今年の夏で解散することが決まってるんです。同じバンドの二人は学校の先輩で、夏に卒業して大学に進学するから、もともとわかっていたことでした。

でもわかっているとはいえ、なかなか地元ではがんばっているバンドなので、(私は)残念です。

ヘビメタで大音量なので、ルイはいつもそれ用の耳栓をして、ステージに立ちます。それくらい音が大きいんです。しかもこの日は、1曲目からスモークもくもく、ストロボ・バチバチ でした。ヘビメタファンの観客(少数)達も、目をしばたかせているくらいでした。

そうしたら1曲目の1分くらい入ったところで、誰かがステージに上がってきて、腕を振ってるんです。何かと思ったら、火災報知器が作用してしまったらしい。音楽がやんだら、確かに高ボリュームで報知器の音がしてましたが、ぜんぜん誰も気づきませんでした。

それで一旦全員外に避難。火災報知器は、一旦止まってもまたすぐなり始めます。スモークが残ってるからでしょうか。それで仕方なく、ライブハウスの人が火災報知器をテープで巻いて、全員中に戻って、再開でした。

そのあと30分-45分ほど演奏があって、次のバンドにバトンタッチです。ルイは、普段なら残って他のバンドも聞くんだけど、今はAレベルの試験の真っ最中なので、ここで帰ってきました。

ルイのバンドが終わったのは9時20分くらいだったんだけど、9時過ぎると、チャーリーがいたので、バーマンに、「9時以降は18歳未満はここは立ち入り禁止になるんだけど。」と言われました。(でも、火災報知器のこともあってか、それ以上は何も言われませんでした。)

実はルイのバンド、4人中3人は18歳未満なんだけどなあ。

Medicated Mindという、ルイのバンドの中ではなかなか聞ける曲の最後の部分のビデオをアップしましたので、よかったら聞いてやってください。この部分はあんまりヘビーではないです。ルイはステージの左のほうでギター弾いてます。

ではこちらのクリックもよろしく
 
イギリス(海外生活・情報) ブログランキングへ

4 件のコメント:

foo さんのコメント...

引き出しがいっぱいあって、本当に素敵な息子さんですね。そういう子は、医学部受検にも強いと思いますよ!私が大きな音が苦手なので、ヘビメタはちょっと遠慮しますが、facebookのページは見ましたよ(笑。

Atsuko さんのコメント...

Fooさん、確かに引き出しが多いといえば、そうかな。でも、これが受験にいいかというのは、またぜんぜん別ですよ。今年はすでに、先週あったExedelの数学のC1が、今までよりで一番ダントツに難しかったとのことで、話題になってます。Aレベル、AAAaが取れるのが前提でここまできてましたが、どうなることやら。
ヘビメタ、私も苦手なんですよ。なぜ彼はこうなってしまったのか。。。?

foo さんのコメント...

大丈夫だと思いますよ。私の最新の投稿で示したように、毎年のA*、Aを取れる割合は、A*が導入されて以来、あまり変動してません。難しければ調整が入るだけですよ。それに、実は毎年何かしらのテストが急に難しかったりしてますが、自分の年じゃないとあまり気づかないだけのように思います。

それより私の懸念は、採点ミスのほうです。今年は、テストの種類が多いので、混乱するんじゃ無いかと思います。リマークの結果が遅すぎで、せっかくのofferがダメになった例すら毎年ありますから。自分のせいでも無いのに、ひどい話です。さすがにdefferd entryはオファーしてるんだと思いますけど。

Atsuko さんのコメント...

Fooさん、そうなんですか~。採点ミスって聞きますよね。息子の学校でGCSE,Dだったのをリマークに送ったらAで帰ってきたという件がありました。それでオファーがだめになるってこと、あるんですねえ。信じられない理不尽さ。Deffered オファーされてると思いたいです。(それならそれで、予定は狂うけど、一年ゆっくりできていいかも)