2008年11月13日木曜日

車、オーバーヒートしました

例の車の警告ライト、ラジエーターの水が足りないということでした。それで水を入れて、これで良しと、昨夜20キロほど離れた隣町にヨガを教えに行ったのですが、帰りに大変な目に逢いました。

9時にクラスを終えて機嫌よく時速60マイルの道を70くらいで走っていたら、家から8キロくらいのところで、突然あのライトが瞬き始め、今度はエンジン温度のインディケーターが110度くらいまで上がって、エンジンから煙が出始めました。あわててレイバイに車を停めて、どうしたものかたずねようと家にいるデイブに電話をすると、話中。携帯にかけてもスイッチオフでかけれません。それで隣の人に電話して、家のドアをノックしてもらって、やっとデイブと話せました。8キロくらいならなんとかなるだろうとのことで、20分くらいエンジンを冷まして自分で帰ってこいとのこと。ボンネットをあけてみると、車の下から沢山ラジエーターの水が漏れていました。

結局途中また止まってエンジンを冷まし、家に着いたのは10時半でした。家路に着く前に学校でトイレに行っておいてよかった。それからヨガのクラスで使う毛布が沢山車にあったので、寒さもしのげました。車の中ではメディテーションをして時間を有効に使いました。

今日の朝、私の車は修理やさんに入りました。それで、デイブが数週間前に買った真っ赤なアウディA4を初めて運転することになりました。新車ではありませんが、ずいぶんローンを借りて買ったらしく、値段も教えてくれません。彼は私に車を貸すのがすごく嫌そうでした。でも色々私もすることがあるし、どうしても借りるしかないと分かったら、彼は2時間くらい絶句していました。駐車場では周りに車のない遠く離れたスペースに停めるようにと釘を刺されました。でも乗ってしまえばこっちのもの。ほっほっほ。運転心地はとてもいいけれど、ちょっとシートのすわり心地が今ひとつ。これ以上は前にいけないくらいの位置でやっとなんとかペダルに足が届きます。私は背は低いけれど、そんなに極端に低いわけでもないので、155センチ以下の女性にはあまりよくない車かも。同じドイツ製でも、私はゴルフは大好きだけど。

私の車は、ラジエーターが故障で、取り替えなければならないとのこと。今日注文したので、あしたにラジエーターが来ればあした直るとのこと。ヘッドガスケットでなくてよかったねといわれましたが、何がなんで、何でいいのか、さっぱり分かりません。あなたのような信頼の置けるメカニックがいてよかったわ、と心の中で思いました。

じゃあもしもあしたの午後までに直らなければ、子供たちのスイミング、トリントンまで田舎道を走って、私がアウディで連れて行くしかないわねというと、仕事を早引けして自分が連れて行くとデイブはいっていました。それならそれで、私は楽。ほっほ。

4 件のコメント:

あ さんのコメント...

真っ赤なアウディなんてワタシも乗ってみたい~(助手席で)
デイブって車好きやってんね。
まあ男の人は多かれ少なかれみんなそうかな…

Atsuko さんのコメント...

運転心地はすごくいい。指示器を出すとか、何をしてもカチッと言う子気味よい音がするのはゴルフと同じで、さすがドイツ製。でもぴかぴかな車は気を使うから、私は気楽な古めの車がいいわ、やっぱり。

ゆん さんのコメント...

ははは、貸したくないと言うデイブの顔が浮かびます。

男の人って、いつまでたってもそう言う所は子どもみたいよね。

Atsuko さんのコメント...

そうそう。先月、彼はぼろぼろの車を廃車にしたのですが、それまでは私の車に乗り放題だったのに。

まあ、これで私の車のガソリンの減りがマシになるからいいけど。

貸したくないというのは、私の運転をすごく信じていないというのが一番の理由と思う。まあ無理も無いか。