2020年1月20日月曜日

日本、がんばって。

去年の夏日本に行って驚いたことの一つは、地球温暖化の問題が一度もニュースにならなかったことです。イギリスではニュースに出てこない日はないくらいだし、一番のトップニュースになることもあります。日本はイギリスよりもさらにいっそう温暖化の影響を受けていることを考えると、これは変なことです。

その理由は、
 政治が弱い。企業が強い。
企業と政治の癒着。
企業とマスコミの癒着。
こんな感じでしょうか。

残念なことです。なぜなら、温暖化を食い止めるための様々な対策は、日本人はきっと熱心に取り組むだろうなあと思うからです。例えばリサイクリングは、イギリスでは今では当たり前のことになってますが、20年前はそうではありませんでした。日本は昔から古紙回収とかリサイクリングは盛んだし、「もったいない」と思う、物を大切にすることも昔から美徳とされているし、日本人の気質にすごくあうと思うのです。

それだけではなく、学術的にも技術的にも日本は世界の最先端レベルなのですから、もっともっと貢献できるはずなのに。

アメリカやオーストラリアと違って、日本には油田も炭鉱もないし、温暖化問題を無視することによる利益よりも、温暖化問題に関する新しい開発や発明に遅れをを取るほうが、将来的には不利益になると思うんだけどなあ。

そもそも石油や石炭といった地面の中の資源は、その発掘が温暖化の原因となっていることがわかっている今、今後は衰退していくことが予想されている一方、日本にはこれからのエネルギー対策の主柱となる日光や波、そしてダムが豊富にあるし、「資源に乏しい国」という昔からの経済的劣等感を取り払ういいチャンスだと思います。

イギリスでの今週のニュースは、マイクロソフトが2030年までに二酸化炭素マイナス(排出よりも多くのCO2を大気から吸収)、今年の11月に世界環境会議(COPS26)が行われるグラスゴーは2030年までに二酸化炭素プラスマイナスゼロを宣言してます。私の住むデボンも、2030年までにゼロが目標です。

1970年代の公害の問題を克服して、世界トップレベルの環境規制を取り入れた日本ですから、そろそろ目覚めて、世界の温暖化対策のリーダーとなってほしいものです。

ではこちらもよろしくお願いします。

2020年1月12日日曜日

種から育てる

庭に木を植える計画をしているのだけれど、苗木が高いという話を先日書きました。人からもらったり、勝手に生えてきた木を移植したりして20本ほど植えたのですが、まだまだ足りないので、公共団体から無料の苗をもらえるスキームに申し込んだという話です。

が、こういったスキームから本当にもらえるかどうかわからないので、自分でも種から木を育てようと思い立ちました。そもそもは、クルミの木の種を植えたことが始まりです。

それで秋に10種類近くの木の種を集め、いろいろ調べました。木の種類によって、育て方が違うからです。

樫の木(どんぐり)、栗などは、秋にすぐに植えます。今はこんな感じ。芽が出る気配はないのですが、多分春になるまで出てこないんだと思います。一つの植木鉢に3-4個植えてあります。

そして松、楓、ヘーゼルなどは、湿った土に混ぜて冷所に数か月置いておいて、春にうえるそうです。なのでこちらは物置小屋に置いてあります。

こちらは、庭の大木の種が勝手に生えてきたので、小さい植木鉢に植え替えました。


これ、こんなに大きくなるんですよ。写真じゃわからないかもしれませんが20メートル以上あります。それを言うと、誰もこの苗をもらってくれません。まあそこまで大きく育てなくてもいいんですけどね。それまでに大量のCO2を吸収してくれることでしょう。

この自生したのを除くと、今のところちゃんと芽が出て育ってるのは、くるみだけ。春以降が勝負のようです。

植えた種の10個に一つくらい育ってくれれば十分。

でも庭に移植できるまでには2年くらいかかりそうです。気が長い話ですね。まあ、楽しみが長引いていいです。

ではこちらもよろしくお願いします













2020年1月9日木曜日

木を植える

温暖化の元凶の二酸化炭素を減らすために有効なことの一つは、(というか、すでに大気中にある二酸化炭素を減らすためにできる唯一のことは)木を植えることです。

木は二酸化炭素を吸いますからね~。

もちろんそのことは知っていましたが、あまりにも単純な解決法なので、「民間の知恵」みたいな感じで捉えていました。が、最近のいろいろな情報で、これは「民間の知恵」どころではない、本当に有効な手段であるということを知りました。

それで2050年に二酸化炭素ゼロを目指すイギリスは、国を挙げて木を植えています。なんでも50億本とか、国土の半分は森にとか言われています。

でも木って本数植えればいいってものでもない。要するに木を植える土地が必要なわけです。

で、植える土地なんですが・・・。

うちにはあるのです。家の裏に2000坪くらいの土地が。一応庭なんですが、一部だけを菜園と果樹園として、あとはただ毎夏に何度も高いお金をかけて草を刈るだけです。それで、ここに木を植えることにしました。

が、苗木、何本もとなると、半端じゃない額です。それで、買わないで植林しようと企てています。

まずやったことは、植木鉢に植えてあるパッとしない木を庭に移植。それから簡単に、すぐに根が付くと言われている柳を10本くらい、地面に直接挿し木しました。庭に勝手に生えてきた雑木の苗木も移植。これで18本です。

先週はExtinction Rebellionの会合に行くと、誰かが苗を2本くれたので、これも植えました。20本。

あとはですね。楽しいプロジェクトを始めました。木を種から育てることです。これはまた別に書きます。

そしてあとは、無料の苗を申し込みました。上記の通り国を挙げての植林計画ですから、公営のプロジェクトがいくつかあり、2つ申し込みました。当たれば(選ばれれば?)デボン州から40本、ウッドランドトラストというチャリティー団体から(他の人と共同で)100本です。

木を植えるのはハードワークではありますが、なんとなく夢がありますね。

ではこちらもよろしくお願いします

2020年1月4日土曜日

今年の抱負 2020

一時期、新年の抱負の意義に疑問を感じて、やらなかった時期がありました。が、振り返ってみると、それなりに1年間頑張った年もあり、今年も挙げてみることにしました。

長年の経験から言って、抱負が続かない一番の原因は、たくさん挙げることだと思います。そしてそれを忘れてしまうこと。なので3つに絞ることにしました。

一つ目は、歯、目、耳を大事にすること。私は今54歳なのですが、85歳まで生きるとして、あと30年はこの歯、目、耳で生活しないといけません。なので2019年は歯磨きをレベルアップする抱負で頑張ったのですが、今年はこれを広げたいと思います。

二番目はインドに行くこと。インドに行くぞ~っと言い続けて数年になりますが、そろそろ本当に行かないと行く精神的元気がなくなりそうなので、今年中に絶対行きます。秋に2か月と思ってます。なぜか周りには、行ったら帰ってこないと思われているようで、ヨガの生徒さんとか、娘チャーリーにまで、ちゃんと帰ってきてねと言われてます。

三番目は、ごみを徹底的に減らすこと。リサイクルできるものはどんなに小さい紙きれでもリサイクル。そして何よりも、包装されたものをなるべく買わないようにしようと思います。

番外編は、2020年の抱負というか、今後の余生の抱負。




「変わった人たちと変わったことをして人生をおくれ。」

余生と言うと、上記の通り85歳まで生きるなら30年。本人的には120歳まで可能性ありと思ってますから、30年~65年もあります。というわけで、いろんな人たちと交流して、面白いことをたくさんしたいと思います。

ではこちらもよろしくお願いします。

2019年12月31日火曜日

2019年の10大ニュース

他の人にとってはどうでもいいことですが、自分的にはいろいろあった年なので、書いておきます。重要さではなく、1月から順番に順位不同で挙げていきます。



2月、ロンドンにチャーリーと二人で、ルイを訪ねに行く。

4月、私がExtinction Rebellionに加入。ミーティングに次ぐミーティングで忙しくなる。

6月、チャーリーがAレベルの試験を受験。

6月、ルイがグラスタンベリー(大野外コンサート)に。そのあと、友達5人連れて帰省。

7月、私とチャーリーが日本に一か月行く。ルイが一人で飛行機に乗って来日、2週間参加。

7月、3人で北海道に旅行。

9月、チャーリーが第一希望のキングスカレッジ医学部に入学。ロンドンでの寮生活。

9月、ルイのバンドSaintsが、EPをSpotifyにリリース。

9月、チャーリーがラグビー部に入る。

10月、私がロンドンのExtinction Rebellionのデモに参加。


こんな感じです。仕事のことがないけど、仕事はまずまず、ちょこちょこ変化を続けながらうまくいってます。

こちらはもうすぐ年が明けます。皆様2020年が良い年となりますように。

こちらもよろしくお願いします。





餅つき

大晦日の今日、ふとロンドンで買ったタイのもち米があったのを思い出しました。それで大胆にもお餅をついてみました。

成功の保証はないので、一応 用心して4合焚いてみました。炊いただけでもうお餅みたい。それをローリングピンでつきました。15分くらいでこんな感じにスムーズに。

日本でのお正月を一度だけ経験してるチャーリーが鏡餅を作りたがったったので、まずそれにチャレンジ。が、とろとろのもちもちすぎて、まとめるのか一苦労。こんなフリスビーみたいな丸餅になりました。

私の実家は角餅で、そのほうがずっと簡単だと思うんだけど、なにせやり始めたのが、大晦日の午後。日本ではすでに年を越してる時間。きっとお正月までにはかたまらないから、丸餅にしました。

が、これが本当にべたべたで大変だった。柔らかすぎたみたい。

昔は祖父母の家では、年末の28日くらいに、30合ぐらい、大量に祖父母が杵とうすで付いてました。大変だっただろうなあ。

イギリスでは大晦日はパーティーの日、お正月は二日酔いをいやす日、2日からは出勤です。

ではこちらもよろしくお願いします。







2019年12月28日土曜日

Shop Stopped

11月の一か月間、Shop Stopしようと思い立ちました。ショップストップというのはその言葉のまま、買い物を必要なものだけに限ることです。

物質を買うと、それを生産するときに必然と原材料や生産にかかわるエネルギーが消費され、Co2が排出されます。つまりどんなものでも、生産・消費されると、地球温暖化に繋がるわけです。特にイギリスでは、ファーストファッションと呼ばれる、数回着て捨てられるような安い洋服が非難されてます。 が、もちろんこれは洋服に限りません。

それでクリスマス前の11月、試しにやってみましたが、気抜けするほど全然難しくないんです。2回ほど事情がありルール破りましたが、それ以外は全然平気でした。それでこれからもショップストップを続けることにしました。

するとこれが、本当に楽なんですよ。

クリスマスはショッピングのシーズンですから一番の難関なのですが、フォトアルバムをオーダーし、プレゼントは数冊アマゾンで本を買い、あとは子供たちは本人に私のカードで好きなものを買わせて、残りは古本屋やチャリティーショップで中古品を買いました。すべて必要なものと中古品でした。

家族でエクセターにランチを兼ねて買い物に行ったのですが、これがすごく楽でした。なにせ買う気がないですから、素敵な店に入っても、値段を気にすることもなく思う存分目を楽しませてもらいました。一件で好きな服が売っていたのですが、買わないと決めているから、これも楽でしたね。だって今までなら、「ちょっと高いなあ。同じような服持ってるしな。タンスいっぱいだしな。でも欲しいなあ。試着だけしてみようかな。」とか、いろいろ葛藤があったけど、それが一切ないんですから。

ルールは、必要なもの、中古品はオッケー。食べ物、外食、エンターテーメント(観劇、映画、コンサートなど)もオッケーです。あくまでも製造に関するCO2を減らすことが目的です。

で、今年のクリスマスですが、こうしてもやっぱりプレゼントが山積みでした。大体、中古の本、DVDが多いですね。が、クリスマスだけの不必要なプレゼントは激減しました。 クリスマスがこれでしょぼくなったかと言うと、そんな感じは全然ないです。クリスマスカードもやめて、浮いたお金をホームレスチャリティーに寄付しました。(最近イギリス人の多くがしています。)

来年のクリスマスは、さらに温暖化が進んで、もっと厳しい状況になってるかなあ。クリスマスにローストビーフなんて食べれなくなってるかも。

ではこちらもよろしくお願いします。

2019年12月23日月曜日

ご飯が作れない

先日新聞でEmpty Nesterの記事を読みました。私みたいに子供が大学などで巣立って、家の中に一人だけどか、旦那と二人だけとかになったお母さんの話でした。

この記事を書いた人も、下の息子さんが大学に行って、9月から旦那さんと二人だけです。それで、それ以来ご飯が作れなくなったと書いてました。

これ、すごくわかるんですよ。私もチャーリーが大学に行ったとたん、もう何を作っていいかわからなくなりました。毎晩働いていることもあって、それ以来2日に1度、2日分作ってます。だから同じものを2日続けて食べます。でもこんな風にできるのは、カレーとかパスタソースとか、結構限られてるんですよね。

日本の主婦にしてはとんでもない怠惰かもしれませんが、イギリスではこれでもましなほうだと思います。ま、自分的には、毎日無茶苦茶簡単なものを作るというのは、延々と怠惰な方向に行きそうで怖いので、1日おきに、まあ中程度の難度の晩御飯を作るのでバランスとってます。

で、その記事に戻りますが、クリスマスについての記事で、子供たちがクリスマス休みで帰ってくるので、またエンジン全開で食事を作ってるとのことでした。

が、私はその反対。子供たちが冬休みで帰ってきて1週間以上になりますが、半分くらいは子供たちに作ってもらいました。今日もチャーリーが作ってくれました。私は クリスマスの準備で忙しいし、二日に一度しか作らないのに慣れてきたから、毎日作るのが苦痛です。

ってことは、つまりエンプティ―・ネストでやる気がなくて食事が作れないというよりは、チャーリーが家を出た時点で、私の料理するエネルギーが枯渇したようです。 子供がいなくなったら、子供の好きなものでなく自分の好きなものをいろいろ作ろうと思ってましたが、もうそんな力ないです。

明日クリスマスイブで、日本で言えば大晦日みたいにいろいろクリスマスの料理などをする日なのですが、どうなることやら。気が重いぜ。

ではこちらもよろしくお願いします。

2019年12月19日木曜日

総選挙、嘘つきボリス圧勝

選挙の結果、もうご存知ですよね。

労働党惨敗。残念。

って、そんな程度の問題じゃないのですよ。多くのイギリス人のショックの受け方と危機感は、日本人には想像できないと思います。その理由は、政権によって市民の生活が大きく影響を受けるからです。私は社会的にはNHS(医療サービス)、ホームレス問題、貧困家庭の激増、温暖化問題が一番恐れていることです。個人的には、移民問題が直接自分にかかわってくるので、これも一番気になることの一つです。

惨敗の原因は大きく分けて二つです。一つは労働党党首コービン氏をマスコミが徹底的にに叩いたこと。そしてそれよりも大きいのは、やっぱりブレクジットでした。

これでもうEU離脱は決定的になりました。1月末に離脱になります。

2020年末までが移行期間で、そのあいだにいろんな貿易交渉を締結すると 保守党は公約しました。

が、1年でEUとの貿易交渉を成し遂げるのは無理だという声が強く、その場合はやっぱりノーディール(条約なき)ブレクジットとなるそうです。

というわけで、選挙の結果は出てしまいましたが、ブレクジットのほうはまだごたごたが続きそうです。スコットランド独立もかなり可能性が高まってきました。

ではこちらもよろしくお願いします。