2008年11月4日火曜日

野菜畑とフレンズ



昨日と今日は洗濯物を外に干せるくらいは天気がよかったので、久しぶりに庭に出て野菜をとりに行きました。6年位前から家庭菜園を始めたのですが、最初の数年はとにかく何でもいいから育てたいと、無計画に種を蒔いていました。でも最近は知恵がついてきて、なるべく長い期間にわたって収穫ができるようにと、冬野菜を多く育てるようになりました。本当は毎日とりにいって新鮮な野菜を食べたいのですが、何せ寒くて雨が多いので、天気がまずまずの日に数日分まとめて収穫してます。今日取れたのは大根、パースニップ、長ネギ、ブロッコリー、スイスチャード、それとなぜか季節外れのアーティチョークが取れました。パースニップとは右の写真の白いにんじんのような根菜で、ローストにするとちょっとサツマイモのような甘みのあるおいしい野菜です。スイスチャードはほうれん草のようなもので、これはあまり店では売っていないけれど、家庭菜園をする人は育てている人が多い野菜です。

晩御飯のおかずに、久しぶりに大根とわかめのお味噌汁を作りました。それとスイスチャードのおひたし。味噌はビデフォードの街のヘルスフードショップで買います。わかめは日本からの乾燥物。おひたしにはこれも日本からの鰹節をかけました。子供たちは結構日本食が好きなのですが、大根は苦手のようです。ルイは鰹節は大好きですが、チャーリーは嫌いみたい。

ここ数ヶ月、テレビの衛星中継で「フレンズ」が毎日2エピソードずつ再放送になっているのを知って、普段はテレビを見ない私が、毎日欠かさず見ていました、今から十数年昔、たまたまフレンズの初回の放送を見て一気にファンになって、それ以来毎週金曜の9時に何年も見ていたのですが、さすがに二人目の子供が生まれてからは、それどころではなくなりました。それで、ここに来て見逃したエピソードをまとめて毎日見ていたわけですが、今日は最終回だったんですよ。なんだかとっても淋しくなりました。胸にぽっかりと穴が開いた。ああ、あしたから楽しみが減るなあ。

今日はアメリカの大統領選挙ですね。なんとなくニュースを避けているのですが、バラク・オバマが大統領になることは、間違いないでしょうね。選挙の前って、その候補者のオーラというかカリスマで、オピニオンポールなんて見なくても分かると思いませんか。前のブッシュとケリーのときは分からなかったけど、まああれはどちらもオーラが弱かったから。テニスの決勝とかでも、試合の前になんとなくオーラでどちらが勝つか分かることが多い。つまりはオーラの濁りのない人、余計なややこしい物が無く、勝負にオーラが集中している人が勝ちます。でもサッカーとか人数の多い試合は分からないのは、いろんな人のバイブレーションが混ざっているからだと思う。

さて、選挙の結果はあしたにならないと分かりません。私は心情的にはオバマが勝てば、色々な意味で世界観が変わるのではないかと思っているけれど。でもどちらが勝っても、どちらも誠実そうな有能な指導者だし、世はすべてこともなし、と思っています。

2 件のコメント:

ゆん さんのコメント...

野菜を自給自足できるなんて、フラット暮らしには夢のよう。

大根が羨ましい、とここまで書いて、前回の帰国でプランター用の大根の種を買って来ていたのを思い出しました(笑) いつもこんな感じで、何のために買って来たのかと思ってしまいます(^_^;)

Atsuko さんのコメント...

私も日本で種を色々買いましたが、うまく育つのもあればだめなのもあった。うまくいったのはしそと三つ葉。プランターでできる大根って小さいのでしょうね。